繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

「玉露入りお茶600mlPET 熊本城復旧応援ラベル」をリニューアル発売

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、熊本県産玉露を使用した「玉露入りお茶 600mlPET 熊本城復旧応援ラベル」を 2 月 28 日より全国でリニューアルして発売する。

「玉露入りお茶」は、国産の茶葉に玉露をブレンドし、玉露の旨みを引き出すため低温抽出を行うなど、素材や製法にこだわり、発売当初より好評を得てきた。 2016 年 4 月の震災により茶農園にも被害が及ぶ中でも、茶葉の供給を継続してもらった背景をうけ、 2018 年からは、熊本県の玉露の生産者を応援するために、 600mlPET ボトル・ 350mlPET ボトルで、使用する玉露を熊本県産茶葉に限定した「玉露入りお茶 熊本城復旧応援ラベル」を発売し、売上の一部を熊本城災害復旧に寄付してきた。今年は、新たに自動販売機向けに「玉露入りお茶 500mlPET 熊本城復旧応援ラベル」をラインナップに追加し、 3 商品の売上の一部を寄付していく。なお、 2021 年は熊本市に対して、約 175 万円の寄付を行った。

発売 5 年目を迎えた「玉露入りお茶 600mlPET 熊本城復旧応援ラベル」は、パッケージを刷新し、熊本城のイラストを大きくあしらい、「熊本城復旧応援」を明記することで、応援商品であることをわかりやすく訴求する。さらに、ラベルを従来品より短くすることで、 CO2 の排出量を約 38 %削減し、環境に配慮した。

同社は、今年も商品の売上の一部を熊本城災害復旧に寄付することで、引き続き熊本を応援していきたいとしている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら