繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

サッポロビール北海道工場、「第10 回 みどりの社会貢献賞」の受賞が決定

サッポロビールは、サッポロビール北海道工場が、公益財団法人 都市緑化機構が主催する「第 10 回 みどりの社会貢献賞」の受賞が決定したと発表した。

「みどりの社会貢献賞」は、都市緑化機構による全国都市緑化フェアにおける普及啓発催事の一環として、企業の緑地について良好な管理などにより社会・環境への顕著な功績のあった企業活動を表彰するもの。

同工場は、 1989 年に竣工し、今年で 33 周年を迎える。地域社会との調和に立脚した「開かれた工場」をコンセプトに掲げ、約 36 万㎡の広大な敷地と工場を一体化し、塀がなく樹木の間に見える工場建物、起伏に富んだ約 10 万㎡におよぶ庭園「恵みの庭」や 1 万本以上の樹木が「ビール公園工場」を演出している。また、ビオトープ園やパークゴルフ場があり、四季折々にさまざまな表情を楽しむことができる。

今回の受賞は、「パークゴルフ大会の実施やビオトープ園の自然観察会などを通じた、地域社会や環境改善への貢献」「地域社会との調和に立脚した『開かれた工場』をコンセプトに、恵みの庭やビオトープ園など『人々が楽しみながら芸術に触れられる空間』の演出」「サッポログループサスティナビリティ方針を策定し、継続的に地球温暖化や自然との共生など、地域の魅力向上の取組の先導性」の 3 点が評価され、緑地の良好な管理運営や都市緑化の推進、緑地の保全に関する活動を通じ、緑地の市民開放などによる地域社会への貢献や、生物多様性保全などの環境改善への顕著な功績が認められたもの。

同社は、この受賞を励みとして、地球環境に配慮した主体的な環境活動を通じて社会に貢献できる工場を目指していきたいとしている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら