繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

発売45周年を迎える「サッポロ生ビール黒ラベル」が2月にリニューアル

サッポロビールは、昨年、缶商品が 7 年連続売上アップを達成した「サッポロ生ビール黒ラベル」を 2 月製造分から順次リニューアルすると発表した。

「サッポロ生ビール黒ラベル」は、生ビール時代の先駆け的商品として、 1977 年に「サッポロびん生」の名で誕生し、今年発売 45 周年を迎えるロングセラー商品。

今回のリニューアルでは、“麦のうまみと爽快な後味の完璧なバランス”を目指し、これまで製法・製造上でのこだわりであった「フレッシュキープ製法」「旨さ長持ち麦芽一部使用」「泡品質を向上させる継続的な取り組み」はそのままに、 2021 年度日本農芸化学技術賞を受賞した「美味しい生ビールのための微生物管理の取り組み」を導入することで「生のうまさ」へのこだわりをより一層進化させた。また、パッケージは、缶体に記載する要素を極限までそぎ落とすなど磨き上げを図ることで、より洗練されたデザインへと進化した。

本商品は、 2010 年より、 TVCM 「大人エレベーター」をはじめ、「大人の★生。」をテーマとした一貫したコミュニケーションで、独自の世界観を表現してきた。 22 年以降は、顧客プラットフォームである「 CLUB 黒ラベル」を進化させ、リアルとデジタルの融合を促進。「外飲みのプレミアム化」にも貢献する究極の生ビール体験ができる“リアル顧客接点創出”と、黒ラベルの「個性」「物語」を軸とした様々なコミュニケーションやプロモーションに触れることのできる“デジタル顧客接点創出”、それぞれの効果的な融合を通して、顧客に黒ラベルの熱狂的なファンになってもらえる仕組みを新たに構築する。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら