繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

サッポロHD、アルコール関連問題対策のグローバルスローガンを明示

サッポロホールディングスは、サステナビリティ重点課題の一つ「適正飲酒啓発とビール文化継承」を実現するための重点テーマとして「責任ある飲酒の推進」を設定するとともに、社会課題として注目が高まっているアルコール関連問題 (Alcohol-Related Problems=ARP) 対策のグローバルスローガン「 Promote Responsible Drinking 」を掲げた。

アルコールを取り巻く環境は、 2010 年に WHO( 世界保健機関 ) で「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」が発表され、 2025 年までに有害なアルコール使用を 1 割低減するという定量目標が示されている。また、 2015 年に策定された国連の SDGs( 持続可能な開発目標 ) の健康分野でも目標の 1 つとして設定されるなど、社会全体で協議しながら取り組むべきグローバルな課題として位置づけられている。

同社グループでは、酒類事業を展開する企業の社会的な責任として、 ARP に向き合い、適正飲酒の啓発と不適切な飲酒の防止に継続的に取り組んでいる。お酒は健康で明るい生活や豊かさに貢献する一方で、心身の健康に害をもたらす不適切な飲酒があるのも事実。本スローガンには、酒類事業を展開する企業グループとしての社会的な責任を果たすため、社員ひとりひとりがその推進役となり、お酒の特性を正しく理解しアルコール関連問題の解決に努めていく想いを込めた。

具体的な活動として、日本国内では、新コピー「お酒は、ほどよく楽しんで~ Drink in Moderation 」のもと、サッポロホールディングスならびにサッポロビールのサステナビリティ関連サイトの一部をリニューアルするとともに、国内で販売する酒類商品に含まれる純アルコール量を昨年 6 月からサッポロビールホームページで開示を始めた。また、缶商品は、 11 月製造分から缶体への純アルコール量の表示を順次開始し、 2022 年内には販売する 9 割のビール・ RTD ・ビールテイスト飲料の缶商品で純アルコール量の表示が完了する予定だ。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら