繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

日本フードサービス協会、2021年11月の外食売上高はほぼ前年並の99.8%

日本フードサービス協会 (JF) は、会員企業 ( 有効回収事業者数 224 社・店舗数 36,743 店 ) を対象とした 2021 年 11 月度の外食産業動向を発表した。なお、本調査は、新規店も含めた全店データを業界全体および業態別に集計し、前年同月比を算出したもの。

全国的に約 1 年ぶりに営業時間短縮要請が解除され、酒類提供の制限も無くなり、好調が続く FF 洋風の牽引で全体売上はほぼ前年並みの 99.8 %、一昨年比で 91.8 %まで回復した。飲酒業態は前年比 96.8 %と回復の兆しが見える。 11 月は、希望を取り戻した 1 ヶ月だが、新しい生活様式の表れか、夜間の客足は鈍い。特に飲酒業態は一昨年比では 51.9 %と、コロナ前の半分にしか戻っておらず、マーケット回復に向け課題が多い。

全体および業態別の対前年同月比は以下の通り、 ( ) は前々年比
■全体【売上高 99.8 % (93.9 % ) ・店舗数 97.7 %・客数 99.1 %・客単価 100.7 %】
■ファーストフード業態 【売上高 101.9 % (103.1 % ) ・店舗数 98.7 %・客数 100.8 %・客単価 101.1 %】

FF は、引き続き「洋風」がけん引し売上は前年比 101.9 %、コロナ禍前の前々年比では 103.1 %となった。

業種別売上高は、「洋風」は時短解除により他業態に顧客が流れる動きもあるが、依然テイクアウト、デリバリー、ドライブスルーが堅調で 103.6 %、コロナ禍前の一昨年対比では 115.2 %となった。「和風」は、来客が戻り新商品も好調で 102.4 %となった。「麺類」は、昼時の来店が復調し 99.6 %。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、「持ち帰り米飯」業態においてパック詰めによる商品提供が好評であったものの、要請解除による他業態への顧客流出もあり 97.7 %となった。「その他」は、「カレー」で持ち帰りが好調、「アイスクリーム」は各商業施設のブラックフライデーの販促などから 102.8 %であった。
■ファミリーレストラン業態【売上高 95.2 %・店舗数 96.8 %・客数 94.4 %・客単価 100.8 %】

FR の全体売上は 95.2 %。業種別売上高は、「洋風」は時短要請から解除されたものの夜間の客足が鈍く 94.9 %となった。「和風」は、特に夜間の集客に苦労し 93.1 %。一方「中華」は、引き続き持ち帰りが好調で、かつ若年女性などへ顧客層を幅広く拡大させ 100.7 %。「焼き肉」は、夜間来客の戻りが遅いことに加え、以前の営業時間帯に合わせた労働力確保が追い付かず 94.3 %となった。
■パブ / 居酒屋業態【売上高 96.8 % (51.9 % ) ・店舗数 91.4 %・客数 92.1 %・客単価 105.2 %】

飲酒業態は、深夜まで開店可能になったことによる集客効果があり、回復の兆しが見える。パブ・居酒屋業態全体の売上は前年比 96.8 %、一昨年比では 51.9 %。「パブ・ビアホール」の売上は、コロナ第 3 波が発生しはじめた前年を超え 111.4 % (54.2 % ) 、一方「居酒屋」は 91.0 % (50.8 % ) と業種間で差が生じた。
■ディナーレストラン業態【売上高 100.7 % (80.0 % ) ・店舗数 99.7 %・客数 97.7 %・客単価 103.1 %】

DR は、飲酒業態と同様、時短要請の解除で客足が戻りはじめ、売上は 100.7 % (80.0 % ) になった。酒類の解禁や持ち帰り需要も寄与し回復傾向となったが、団体需要は依然芳しくない。
■喫茶業態【売上高 105.2 % (77.7 % ) ・店舗数 96.6. %・客数 101.5 %・客単価 103.6 %】

新型コロナの新規感染者数が落ち着いたことで、商業施設や繁華街の店舗で人の流れが戻り、売上は 105.2 %となった (77.7 % ) 。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら