繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

歴史あるビールを現代風にアレンジ!「サッポロ サクラビール」限定発売

サッポロビールは、大正 2 年から昭和初期に世界で親しまれた歴史あるビールを現代風にアレンジした「サッポロ サクラビール」 (350ml/500ml 缶 ) を 2022 年 2 月 22 日に数量限定発売する。

「サッポロ サクラビール」は、 1912( 明治 45) 年に九州で創業した帝国麦酒が 1913( 大正 2) 年に福岡・門司にて竣工した九州初のビール工場で製造を開始し、アジア各地にも輸出されて世界で親しまれた「サクラビール」を、同社醸造者が当時の文献を読み込んで現代の顧客の嗜好に合わせてアレンジした、香ばしいコクと、すっきりとしたのどごしを両立させたバランスの良い味わいのビール。パッケージには、発売当時のラベルと現代風アレンジであることが分かるように「世界で親しまれたビールが現代に、生まれ変わる。」という説明コピーをデザインしている。

なお、 1942( 昭和 17) 年ごろまで「サクラビール」を製造していた工場は、同社の前身である大日本麦酒が 1943( 昭和 18) 年に継承し、その後 2000( 平成 12) 年まで 87 年にわたりビール製造の歴史を繋いできた。現在は、「門司赤煉瓦プレイス」として、ビール文化や歴史を発信し続けている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら