繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

ぐるなび、飲食店とサプライヤーをつなぐ「ぐるなび仕入モール」オープン

ぐるなびは、飲食店とサプライヤーをつなぎ、新たな価値を提供する食材受発注支援事業への本格参入に向けて、飲食店向け業務用食材・資材仕入れ専用の EC サイト「ぐるなび仕入モール」を 11 月 17 日より先行オープンした。

飲食店の発注業務は、 FAX や電話などのアナログな手法に頼ることが多く、業務コストがかかっている状況。同社では、このような課題に対して「定期発注サービス」として、発注業務をスマートフォンで簡便に行える「ぐるなび発注」のトライアルを先行して実施、約 100 店舗の飲食店が利用 (11 月 5 日時点 ) し、食材探しや発注業務の省人化・効率化支援に取り組んできた。

さらに、農林水産省からの受託事業として、飲食店向け国産食材 EC サイト「ぐるなび FOODMALL 」を昨年 7 月~今年 2 月の期間限定で運営。約 13,000 店舗の飲食店と約 1,000 社のサプライヤーネットワークを構築し、食材仕入れに関するニーズや課題の収集を行ってきた。そこで得た知見やノウハウをもとに、飲食店の発注業務のさらなる効率化や、飲食店・サプライヤー双方にとって新たな取引先の開拓に役立つマッチングサービスとして、「ぐるなび FOODMALL 」の機能面をさらに進化させた「ぐるなび仕入モール」を新たにオープンし、食材受発注支援事業への本格参入を進める。

「ぐるなび仕入モール」は、食材や飲料をはじめ、テイクアウト用の資材等、定番商材から付加価値の高い商材が揃う豊富な品揃えや、価格や生産地等で絞り込みができる仕入れに特化した検索機能が特徴。トップページでは、季節に合わせた特集や選りすぐりの商品を紹介する「ぐるなびセレクト」等によりおすすめ商品を訴求し、飲食店にとって欲しいものが見つかりやすく、また、新たな食材との出会いが可能な EC サイトとなっている。まずは先行オープンとして、厳選されたサプライヤーから約 13,000 点を出品。今後は全国のサプライヤーが出品可能となり、 2022 年 4 月には 20,000 点を超えるラインナップを目指し本格オープンを予定している。

外食市場全体において、食材領域は約 3 割を占め、 5 兆円規模のマーケットと推計されている ( 食の安心安全財団 ) 。また、卸売業における BtoB-EC 市場は年々増加傾向にあり ( 経済産業省 ) 、飲食店向けの食品卸においても EC 化率は今後も伸長することが予想される。このような背景から、同社では、食材受発注領域へ本格参入し、飲食店とサプライヤーをつなぎ双方へ新たな価値を提供するサービスの拡充を図るとともに、外食産業における受発注業務の DX 化を促進していきたいとしている。
ぐるなび仕入モール: https://gsmall.gnavi.co.jp/

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら