繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

ぐるなび、飲食店LIVEカメラを活用した実証実験「AKIBAのアキバ」開始

ぐるなびは、東京都が推進する「東京データプラットフォーム ケーススタディ事業」の一環として、凸版印刷、オプティムと協力し、『都内飲食店における「混雑・予約データ」等の活用による自動集客化サービスへの取組』と題したプロジェクトを今年 7 月 6 日より実施しているが、 11 月 15 日より秋葉原の飲食店を対象に本プロジェクトの実証実験「 AKIBA のアキバ」を開始した。

本実証実験では、同社がオプティムの「 OPTiM AI Camera 」を使って飲食店の混雑状況をリアルタイムに発信するサービス「飲食店 LIVE カメラ」や、凸版印刷が提供する施設の混雑状況を表示するサービス「 nomachi( ノマチ ) 」を活用し、カメラやセンサーによる混雑状況と、「ぐるなび台帳」などによる予約情報をかけ合わせ飲食店の空席状況を把握。「 AKIBA のアキバ」特設サイト等で飲食店の店内情報をリアルタイムに発信する。さらに、集客に役立てるため空席時のみ発行可能な「ライブクーポン」機能や、予約リクエストを送信し 15 分間希望人数分の席を押さえることができる「席キープ」機能を搭載。飲食店への送客拡大や、ユーザーが安心安全に外食を楽しむための環境整備に貢献し、飲食店・ユーザー双方に新たな価値を提供する。

今後は、秋葉原エリアのサイネージ等を活用して認知拡大に努め、来年 1 月下旬まで本実証実験を行う予定だ。
特設サイト: https://gotip.gnavi.co.jp/akibanoakiba/

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら