繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

インフォマート、MJSの中堅・中小企業向けERPシステムとAPI連携

インフォマートは、請求書クラウドサービス「 BtoB プラットフォーム 請求書」と、ミロク情報サービス (MJS) が提供する中堅・中小企業向けクラウド型 ERP システム「 MJSLINK DX( エムジェイエスリンク ディーエックス ) 財務大将」のオプション機能「 AI 仕訳」との API 連携を開始したと発表した。

中堅・中小企業向けクラウド型 ERP システム「 MJSLINK DX 」は、「 AI により業務の高度化、改革を支援」をコンセプトに、財務・給与・人事・販売・固定資産管理・リース管理・ワークフローといった多彩な業務モジュールを提供している。

今回の連携により、「 BtoB プラットフォーム 請求書」で作成・発行した請求書データおよび受け取った請求書データを、「 MJSLINK DX 財務大将」に直接取り込むことが可能となった。「 MJSLINK DX 財務大将」の「 AI 仕訳」機能により、過去の仕訳データと照合のうえ、自動で仕訳を生成する。ユーザーは、請求書データを財務会計ソフトに転記する作業や勘定科目を選択する手間がなくなり、毎月の伝票起票の負担を大幅に削減することが可能となる。

両社では、経理業務の自動化、効率化を支援するとともに、販売面での連携も加速させ、ユーザーの DX を推進していきたいとしている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら