繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

サッポロホールディングス、「サッポログループ プラスチック方針」策定

サッポロホールディングスは、持続可能な社会の実現にむけ、事業活動で使用するプラスチックの削減などの取り組みを加速させ、循環型社会の構築に貢献するために「サッポログループ プラスチック方針」を策定した。

同社グループでは、「大地と、ともに、原点から、笑顔づくりを。」というサステナビリティ方針を 2019 年に掲げ、サステナビリティ重点課題への取り組みを通じ、持続可能な笑顔づくりを推進している。サステナビリティ重点課題のひとつである「 3R(Reduce 、 Reuse 、 Recycle) の推進」では、その一環として 2019 年には容器包装ビジョンを策定し、 2050 年までに循環型社会に対応した容器包装に 100 %変更していくことで容器包装による環境負荷低減を目指している。

今回策定した「サッポログループ プラスチック方針」は、その取り組みを加速するとともに、グループの事業で使用する容器包装以外のプラスチックにも対象を広げ、より具体化するもの。「プラスチックの使用場面を見直し、不要な使用をなくす」「減量化等の削減に取り組む」「リサイクル性の高い設計や、再生材・バイオマスプラスチックに転換する」といったステップで検討・取り組みを進め、循環型社会の構築に貢献する。

グループ各企業の主な取り組みは、サッポロビールでは「 2030 年までに化石燃料由来のワンウェイプラスチック製広告品類を国内で原則廃止する」「 2030 年までに国内製造ワインのペットボトルへのリサイクル原料の使用割合 50 %を目指す」、ポッカサッポロフード&ビバレッジでは「 2030 年までに販売するペットボトル商品においてリサイクル原料の使用割合 50 %を目指す」、サッポロライオンでは「プラスチック製ストローは紙製ストローに順次切り替える」。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら