繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

外食トピックス

ぐるなび、東京工業大学と「免疫鎮静作用を有する乳酸菌」の特許を取得

ぐるなびは、東京工業大学と「ぐるなび食の価値創成共同研究」として、日本の食文化を支える発酵をテーマとした共同研究を 2016 年より行っているが、「免疫鎮静作用を有する乳酸菌」の特許を 8 月 10 日に取得したと発表した。なお、「ぐるなび食の価値創成共同研究」として特許を取得するのはこれが初となる。

本共同研究では、他の乳酸菌との機能面での差別化や商品化用途の拡大を目的に、乳酸菌の健康への機能性に関する評価を実施。京都のしば漬から取得した乳酸菌株と同種の基準株で免疫調整機能を比較した。マウス脾臓細胞を用い、免疫機能を亢進するインターロイキン -12 および免疫機能を抑制するインターロイキン -10 の産生量を評価したところ、乳酸菌基準株よりもしば漬から取得した乳酸菌株のほうが、より免疫鎮静機能が高い事を見出し、本発明に至った。

現在も共同商品開発をする企業を募集しており、食品メーカーや飲食店と連携することで、本特許菌株である「免疫鎮静作用を有する乳酸菌」を活用した商品・メニュー開発など産業利用を推進し、食の新たな価値創成へつなげる。また、漬物から取得した乳酸菌が持つ、免疫鎮静作用以外の機能性についても研究を進めていくとしている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら