繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

JF、8月の外食売上高は“新型コロナ元年”の前年をも下回る前年比91.4%

日本フードサービス協会 (JF) は、会員企業 ( 有効回収事業者数 229 社・店舗数 37,603 店 ) を対象とした 2021 年 8 月度の外食産業動向を発表した。なお、本調査は、新規店も含めた全店データを業界全体および業態別に集計し、前年同月比を算出したもの。

8 月は、新型コロナ感染症の爆発的拡大により「緊急事態宣言」及び「まん延防止措置」の適用が全国的に拡大し、外食の営業規模はますます縮小した。本来ならば夏の最大の書き入れ時であるはずのお盆休みも期待できず、台風や前線の停滞による大雨の影響が追い打ちをかけ、全体売上は“新型コロナ元年”の前年をも下回った ( 対前年比 91.4 % ) 。業態別では、 FF 洋風の堅調とは対照的に、営業時間短縮と酒類提供制限の影響をもろに受けたパブ・居酒屋業態は依然として深刻な状況である。

全体および業態別の対前年同月比は以下の通り、 ( ) は前々年比
■全体【売上高 91.4 % (75.6 % ) ・店舗数 96.3 % (93.4 % ) ・客数 91.9 %・客単価 99.4 %】
■ファーストフード業態【売上高 101.0 % (97.7 % ) ・店舗数 98.5 %・客数 96.2 %・客単価 105.0 %】

FF は、洋風と持ち帰り米飯 / 回転寿司が牽引し全体の売上は 101.0 %とかろうじて前年を上回った (97.7 % ) 。

業種別売上高は、「洋風」はテイクアウト、ドライブスルー、デリバリーの需要増大で 106.0 %。「和風」は、オリンピック、パラリンピックに合わせたテイクアウトキャンペーン等により 99.9 %に踏みとどまった。「麺類」は、 88.4 %。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、回転寿司の持ち帰り需要が堅く 101.1 %。「その他」は、「アイスクリーム」がお盆の時期に九州、西日本で続いた大雨が響き 91.8 %となった。
■ファミリーレストラン業態【売上高 79.4 % (59.2 % ) ・店舗数 94.6 %・客数 83.1 %・客単価 95.6 %】

FR は、時短営業や酒類提供制限が続く中で本来の営業ができず、新たな販路としてテイクアウト・デリバリーに力を入れているが、売上は 79.4 % (59.2 % ) 。

業種別売上高は、「洋風」は 81.0 % (56.6 % ) 、「和風」は 75.3 % (53.6 % ) 、「中華」は 87.1 % (79.9 % ) だった。「焼き肉」も緊急事態宣言の対象地域では休業店が増え 73.4 % (61.8 % ) となった。
■パブ / 居酒屋業態【売上高 31.2 % (11.2 % ) ・店舗数 88.0 %・客数 38.1 %・客単価 81.9 %】

緊急事態宣言・まん延防止措置の適用が全国に広がり、売上の主要を占める酒類が提供できないために休業せざるを得ない店が増え、パブ・居酒屋業態全体の売上は前年比 31.2 %、一昨年比ではわずか 11.2 %という低水準に終わった。

業種別売上高は、「パブ・ビアホール」が 26.4 % (9.3 % ) 、「居酒屋」は 33.0 % (11.9 % ) であった。
■ディナーレストラン業態【売上高 75.5 % (50.2 % ) ・店舗数 91.0 %・客数 82.9 %・客単価 91.1 %】

DR は、全国主要都市に適用された夜間営業の制限や、法人需要の低迷により、都市部が大きな影響を受け、売上は 75.5 % (50.2 % ) 。
■喫茶業態【売上高 91.5 % (61.9 % ) ・店舗数 96.9 %・客数 90.5 %・客単価 101.1 %】

時短営業地域の拡大と相次ぐ雨天の影響で売上は 91.5 %。郊外やショッピングセンター立地の店舗は比較的少ない減少幅である一方、在宅勤務の定着化で都市部店舗は苦しい状況が続く。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら