繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

サッポロHD、京急ストアとフードテックサービス構築の実証実験を開始

サッポロホールディングスは、今年 1 月にリリースした、おうちにある食材からつくれるレシピや買い足す食材候補を提案し、料理を通じた家族コミュニケーションができる「うちレピ」のβ版 web アプリにおいて、料理に関連する一連の体験をシームレスにつないだフードテックサービスの構築を目指し、京急ストアと、スーパーマーケット店舗との連携に関する実証実験を 8 月 30 日より開始した。

現在の「うちレピ」は、ユーザーの料理に関連する行動体験のうち、「在庫管理」「レシピ決め」にフォーカスしたサービス設計となっているが、さらに「購入情報連携」「買足し提案連携」「冷蔵庫内在庫情報連携」「レシピデータ連携」を構築することで、「買い物」「調理」「保存」へのサービス拡張が図れる。今回は、このうち「購入情報連携」「買足し提案連携」に関する実証実験となる。

なお、本実証実験は、京急ストア 2 店舗 ( 平和島店・金沢八景店 ) 、もとまちユニオン 3 店舗 ( 新宿店・日吉店・葉山店 ) で行う。ユーザーは、「京急ストア」の店舗で購入した食材情報を、スマートフォンでのレシート撮影を介して「うちレピ」に登録することで、自宅食材と合わせてつくれるレシピの提案を受けることができる。さらに、「うちレピ」から「京急ストア」の特売食材でつくれるレシピを期間中に定期配信する。

「うちレピ」は、本実証実験および今年 6 月より展開している各種実証実験を進めることで、現在新型コロナウイルス感染拡大の影響からその機会が急増している家庭での「料理」において、未来のスマートライフ実現を目指したいとしている。

記事配信・制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら