繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

ピーター・ルーガー・ステーキハウス、「LINE AiCall」の実証実験を実施

ワンダーテーブルは、今年 10 月頃に東京・恵比寿にて開業予定の「ピーター・ルーガー・ステーキハウス 東京」において、 TableCheck と LINE の商品を連携した「 LINE AiCall 」の実証実験を 9 月より開始すると発表した。

創業 130 年を誇る老舗ステーキハウス「ピーター・ルーガー」初の日本上陸となる「東京店」において、飲食店の予約受付業務の“フォンレス”を実現する「 LINE AiCall 」の実証実験を行う。今回実証実験を行う「 LINE AiCalll 」は、 TableCheck の予約システムのリアルタイムな空席情報と、 LINE の音声応対 AI サービス「 LINE AiCall 」を連携させることで、電話予約もすべて AI 音声によって自動的に受付が完了するシステム。コロナ禍において、飲食店のネット予約は急速に広まったが、現在でも電話予約が多くを占めている。今回の実証実験では、それらの電話予約を AI 音声が自動応答し、リアルタイムの空席情報を参照、オーバーブッキングなどのトラブルを回避しながら予約受付を完了させる。なお、電話予約のゲスト情報は自動的に蓄積され、最適な予約・顧客管理が可能となる。

これまでネットでしか実現できていなかった予約の自動受付が電話でも可能となり、予約の取りこぼし防止などにつながる。また、予約以外の問い合わせにも、従来の音声ガイダンスに従ってプッシュボタンで操作する自動音声応答システム (IVR) とは異なり、より自然な会話での応答が可能になる。現在も予約の約 1/3 を占める電話予約を自動化し、スタッフは浮いた時間でサービスレベルの向上やブラッシュアップに充てていく。

記事配信/外食ドットビズ(2021/07/16)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら