繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

インフォマート、「BtoBプラットフォーム 請求書」利用企業数60万社突破

インフォマートは、企業間における請求書の受取・発行業務を紙から電子データ化する「 BtoB プラットフォーム 請求書」の利用企業数が 600,000 社を突破したと発表した。

同社は、 2015 年 1 月に、企業間における請求書の受取・発行業務を紙から電子データ化する「 BtoB プラットフォーム 請求書」のサービス提供を開始。 2020 年度の年間流通金額は、 11 兆 3,365 億円に成長し、昨年 12 月の 500,000 社到達からわずか半年で 600,000 万社を突破した。

新型コロナウイルス感染症の影響からテレワークが普及し、働き方が大きく変化している。企業活動では、バックオフィス業務等のデジタル化・ DX のニーズが高まり、企業だけでなく自治体・政府においても DX への取り組みが開始されている。

また、昨年 10 月に改正された「電子帳簿保存法」や、 2023 年からの「インボイス制度」 ( 適格請求書保存方式 ) 等により、企業の経理業務デジタル化が注目される中で、電子インボイスのニーズも拡大している。

これらの背景から、「 BtoB プラットフォーム 請求書」においても導入企業が急速に増加しており、サービスの汎用性の高さから規模の大小を問わず、様々な業界・業態で活用されている。

今後も同社は、企業や行政の経理業務の DX を推進することで、社会全体の業務効率化・ペーパーレス化に貢献していきたいとしている。

記事配信/外食ドットビズ(2021/07/14)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら