繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

日本百貨店協会、4月の百貨店売上高は前年比167.0%増の約3179億円

日本百貨店協会は、調査対象百貨店 73 社・ 192 店の 2021 年 4 月度の全国百貨店売上高概況を発表。売上高は、 3178 億 6218 万円 ( 店舗調整後前年比 167.0 %増 ) と 2 ヶ月連続で前年を上回った。

4 月は、前年の緊急事態宣言に伴う、臨時休業や時短営業など営業自粛の反動から、売上高は 167.0 %増と三桁のプラスであったが、実質的には、反動要素を除く前々年比では 27.7 %減、前月 ( 前々年比 19.1 %減 ) よりも 8.6 ポイントダウンと大幅に水準を下げた。月前半は集客・売上ともに回復傾向が見られたものの、新型コロナウイルス感染拡大に伴う、 7 県のまん延防止等重点措置適用や、 4 都府県への 3 度目の緊急事態宣言発出による限定営業、更には外出自粛などの影響から、一転、厳しい状況となった。

顧客別では、国内市場は 164.3 %増 (2 ヶ月連続 / シェア 98.6 % / 前々年比 22.6 %減 ) 、インバウンドは 797.4 %増 (2 ヶ月連続 / シェア 1.4 % ) だが、前々年比では 86.9 %減と苦境が続いている。

地区別では、大都市が 192.1 %増 (10 都市 /2 ヶ月連続 / 前々年比 30.1 %減 ) 、地方が 121.2 %増 (10 都市以外の地区 /2 ヶ月連続 / 前々年比 20.8 %減 ) と、営業自粛による前年の減少幅の大きかった大都市が、その反動で地方を上回った。

商品別では、宝飾、時計などの高額品や、イエナカニーズからリビング関連、家電、食料品が好調に推移した。また、軽衣料や新生活需要でスーツなども動いた。各社が企画した恒例の催事や会員向け施策も好評だった。 EC 売上は依然として高伸しており、母の日ギフトや化粧品、食料品などは、対前年 2 倍を超える店舗も見られた。

商品別売上高は、食料品が 859 億 9793 万円 ( 店舗調整後・前年増減率 75.3 %増 ) 、食堂喫茶 58 億 9357 万円 ( 同 420.1 %増 ) 、衣料品 896 億 8647 万円 ( 同 280.8 %増 ) 、身のまわり品 438 億 5351 万円 ( 同 326.8 %増 ) 、雑貨 661 億 8960 万円 ( 同 238.4 %増 ) 、家庭用品 138 億 4113 万円 ( 同 93.5 %増 ) 、サービス 35 億 4339 万円 ( 同 181.6 %増 ) 、その他 88 億 5658 万円 ( 同 25.2 %増 ) 、商品券 62 億 4393 万円 ( 同 144.2 %増 ) であった。

記事配信/外食ドットビズ(2021/05/25)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら