繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

今年は「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山2022」として秋に発行

日本ミシュランタイヤは、和歌山県全域の飲食店・レストランを「ミシュランガイド京都・大阪」に加え、「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山 2022 」として今秋発行すると発表した。

毎年更新する京都・大阪版は、年次更新のガイドブックだが、 2022 年度版限定で和歌山県の飲食店・レストランを紹介する。なお、和歌山県は国内で発行されるミシュランガイドの対象地域として 27 エリア目となる。

和歌山県は、面積の大部分を紀伊山脈を中心とした山岳地帯が占めており、長い海岸線はリアス式海岸で天然の良港にも恵まれている。その温暖な気候により、みかん、梅、柿、桃など多くの果物の産地で、また、黒潮の恵みを受けた鰹や鮪をはじめとする海産物、醤油、高野豆腐、熟れ鮓、めはり寿司や紀州備長炭などの特産品もある。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、高野山、熊野古道が三つ星で紹介され、「わざわざ旅行する価値がある」観光地、景勝地として掲載されている。

日本ミシュランタイヤ代表取締役社長の須藤元氏は、『今回で 13 冊目の出版となる「ミシュランガイド京都・大阪」に、国内 27 エリア目となる和歌山県全域のおすすめの飲食店・レストランを追加して出版できることを大変うれしく思います。外食産業や観光業に携わる皆様にとって非常に困難な状況は続いていますが、私たちは、これまでどおりおすすめの施設を紹介することで業界全体の早期回復に貢献したいという想いを持っています。歴史的遺産にならび豊かな食文化を有する和歌山県に、再び多くの旅行者が訪れ、素晴らしい体験をしていただけるよう願っています。ミシュランはこれからも、地図やガイドブックで旅の楽しみを提供し、タイヤで安心・快適な移動をサポートするモビリティカンパニーであり続けます』と述べた。

記事配信/外食ドットビズ(2021/04/09)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら