繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

ぐるなび、今春の注目トレンドメニューは食で旅する「バーチャル旅メシ」

ぐるなびは、この春のトレンドメニューとして、食で旅気分を味わえる「バーチャル旅メシ」に注目し、中でも、旅行先としても人気が高い台湾グルメに注目していると発表した。

自由に海外旅行ができなくなって 1 年、海外で現地の最新グルメを楽しめる日はまだ少し先になりそう。そのような中、「ぐるなびデータライブラリ」によると、「台湾」を含むメニューの指数は、 2017 年 1 月から上昇傾向にあり、検索指数は、タピオカブームと重なる 2019 年 10 月時点がピークとなり 6 倍、 2021 年 1 月時点でも 3 倍の数値を保っている。取扱指数は、 2021 年 1 月時点で 1.7 倍と着実に指数を伸ばしており、朝活ブームによる台湾粥の人気や、台湾かき氷やタピオカにとどまらない台湾スイーツ専門店の登場など、トレンドから定番になることが推測できる。

同社が運営するグルメ情報コンテンツ「みんなのごはん」では、ポストタピオカとして注目する「ネクスト台湾グルメ 10 選」を紹介している。このうち、特に取扱指数の伸びが著しい「炸鶏排 ( ザージーパイ ) 」「台湾カステラ」「台湾茶」を紹介する。

「炸鶏排 ( ザージーパイ ) 」は、台湾のフライドチキンのことで、日本では「台湾唐揚げ」と表現されることもありる。鶏むね肉を大きな一枚のまま、五香粉などの台湾系スパイスで味つけして揚げるのが特徴。台湾では屋台などで売られている食べ歩きフード。日本では浅草や渋谷に専門店があり、 SNS でも話題になり始めている。取扱指数のデータを見てみると、「台湾唐揚げ」は、ここ 2 年で 8.3 倍、「ジーパイ」は、ここ 1 年ほどで 21 倍になっている。

「台湾カステラ」は、台湾の淡水地域の名物で、日本のカステラに似た巨大なスポンジケーキ。現地では「シェンカォウダンゴウ」と呼ばれており、カステラとシフォンケーキの中間のようなふわふわでぷるぷるの食感が特徴。現地の専門店では、大きな天板で焼き上げ、焼きたてを大きめに切り分けて販売されている。台湾カステラを日本風にアレンジした専門店がメディアで取り上げられたり、今年 3 月には淡水の老舗が銀座にオープンするなど、注目が高まっている。取扱指数のデータを見てみると、 2020 年夏頃から急上昇し、 2021 年 1 月に最大値に。ここ 1 年ほどで 10 倍になっている。

「台湾茶」は、凍頂烏龍茶などに代表される台湾産のお茶の総称で、現地では工夫茶と呼ばれる中国茶器を使った飲み方が伝統的。日本ではタピオカブームの流れで台湾茶自体にも注目が集まり、台湾茶専門店の新規開店が目立っている。果物を入れたフルーツティーや、泡状のチーズを表面に浮かべたチーズティ―、オーギョーチを入れたものなど、フォトジェニックでカジュアルにアレンジしたものが人気。取扱指数のデータを見てみると、ここ 2 年で約 1.8 倍になっている。

なお、その他の 7 品は、中華風の揚げパン「油条 ( ヨウティヤオ ) 」、豆乳をゼリー状に固めた伝統的なスイーツ「豆花 ( トウファ ) ゼリー」、タロイモなどが原料の伝統的な芋団子「芋圓 ( ユーユェン ) 」、台湾の定番朝ごはんのひとつ「鹹豆漿 ( シェントウジャン ) 」「蛋餅 ( ダンピン ) 」、乾燥した仙草を少量の水で煮詰め、その煮汁を固めてゼリー状にした「仙草ゼリー」、素麺のような細い麺を、かつおだしの効いたとろみのあるスープで煮込んだ「麺線 ( ミェンシェン ) 」を挙げている。
ネクスト台湾グルメ 10 選の記事: https://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/gohan/5157

記事配信/外食ドットビズ(2021/03/25)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら