繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

ヒトサラ、レストランが生み出す新しい外食の形を支援する取組みを開始

USEN Media が運営するグルメメディア「ヒトサラ」は、緊急事態宣言や時短要請に対応しながら様々なスタイルで営業を行う飲食店を支援するため、時間に縛られない外食の楽しみ方を提案する新たな特集コンテンツを 2 月 5 日に公開。併せて、 9 時~ 18 時のネット予約に対して通常の 10 倍のヒトサラ POINT を付与する新しい取り組み「オフピーク・フレックス特典」を開始した。

今年 1 月の「ヒトサラ」オンライン予約実績に基づく調査では、予約 1 組あたりの人数は、前年同月比で 5 人以上予約は 8 割減、一方 1 人予約は 12.7 倍以上に拡大。また、ピークを避けた時間帯 (11:00 ~ 11:30 、 13:00 ~ 18:00) の予約増と予約開始時間が分散。さらに 18:30 以降の予約は 5 割減の一方、 18:00 開始までの予約は 1.7 倍増という結果となった。つまり、これまでの外食スタイルが当たり前でなくなった今、ピークを避けて自由な時間に外食を楽しみたい、感染リスクの少ない形で安心して食事がしたい、という消費者のニーズが高まり、飲食店利用において特定時間帯以外の「オフピーク化」「フレックス化」「おひとりさま予約の増加」が進んでいる。

また、消費者の価値観の変化に対応し、これまでコアタイム営業に縛られがちだった外食業界においても、ランチ・ディナー以外にも営業時間を拡大し、新しいスタイルで食事を提供するレストランが増えてきた。多くのレストランや企業が知恵を絞り、例えば、時間にとらわれず楽しむ「朝ディナー」「朝〇〇」「オールデイ〇〇」「ハッピーアワー」「昼飲み」、週末のものという慣習を覆す「平日ブランチ」「オーダービュッフェランチ」、周囲に気兼ねなく味わう「おひとりさま〇〇」「一人〇〇」といった様々なスタイルでサービスを提供する新たな試みを次々に打ち出している。

こうした新しい形式は、外食業界の新たなブームになっており、世界中でライフスタイルが変化しつつある現在、こうしたニューノーマルな志向に共感するユーザーはますます増えると考えられる。変化に対応した新しい価値が求められる中、「ヒトサラ」では、レストランが実施している様々な取り組みをオリジナル記事で紹介し、行動の変化に応じた自由な外食の楽しみ方を提案することで飲食店をバックアップしていく特集コンテンツを公開するとともに、レストランが生み出す新しい外食の形を支援するため、 9:00 ~ 18:00 開始の飲食予約をしたユーザーに対して通常の 10 倍のヒトサラ POINT を付与する「オフピーク・フレックス特典」を開始した。
詳細: https://hitosara.com/info/offpeak.html

記事配信/外食ドットビズ(2021/02/08)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら