繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • サーバートラブル対応法サーバートラブル対応法
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

カフェ・カンパニー、感染対策強化へ!空気環境を可視化する実証実験開始

カフェ・カンパニーは、東京・渋谷の「 WIRED SHIBUYA 」「 MOJA in the HOUSE 」の 2 店舗にて、空気環境を可視化し、感染対策を強化するため、㈱ IoTBank が提供する LTE-M 版 SIM 内蔵 CO2 センサー「まもセンサー Air 」を使った実証実験を開始した。

「まもセンサー Air 」は、飲食店や公共施設などの空気環境を見える化し、施設側、利用者側双方に安心・安全を提供することを目的に、センサーを用いて閉鎖空間における CO2 濃度、温度、湿度を継続的に測定するシステム。センサー本体には SIM が内蔵されているため、インターネット環境不要で利用できるのも大きな特徴。また、コストを抑えて簡単に導入でき、新型コロナウイルス感染症やインフルエンザなどの感染症対策としても期待ができる。

同社直営店の多くは、 Wi-Fi 環境もあり、以前にも増して飲食をしながらリモートワークの仕事場として活用する「 3rd place 」としても根付いており、自宅以外でも安心して飲食と仕事ができるカフェとして、より、安心して利用してもらえる空間を目指している。本実証実験は、そのような背景もあり、営業中の店内空間の空気環境を可視化し、適切なタイミングで換気や入店者数の制限を行うことにより、顧客の安心・安全を確保することを目的に開始した。

記事配信/外食ドットビズ(2020/12/28)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら