繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

DAIZ、植物肉ミラクルミートがフレッシュネスバーガーのパティに採用

DAIZ は、植物肉「ミラクルミート」が、「フレッシュネスバーガー」のパティの原料として採用され、それを使用した「 THE GOOD BURGER 」 (480 円 / 税込 ) が 9 月 1 日に発売されたと発表した。

これまでの植物肉に使用されてきた主原料は大豆搾油後の残渣物である脱脂加工大豆を主原料としていたため、「味と食感に残る違和感」「大豆特有の青臭さや油臭さ」「肉に見劣りする機能性 ( 栄養価 ) といった課題があった。これに対し、「ミラクルミート」は、原料に丸大豆を使用し、さらに、オレイン酸リッチ大豆を使用することで、大豆特有の臭みを無くし、異風味を低減している。また、味や機能性を自在にコントロールするコア技術「落合式ハイプレッシャー法」で大豆を発芽させ、旨味や栄養価を増大させ、その発芽大豆を押出成形機にかけ、膨化成形技術により、肉のような弾力と食感を再現している。そして、旨味や栄養価が増大した発芽大豆を使用しているため、他の原料や添加物を何も足さずして、植物肉原料が完成している。なお、発芽タンクを用いた独自の製造プロセスにより、原価低減を実現し、牛肉・豚肉・鶏肉に対し、価格競争力があるとしている。

なお、フレッシュネスバーガーの「 THE GOOD BURGER 」は、同社の植物肉を用いた大豆パティをテリヤキソースに絡め、低糖質バンズと野菜で挟んだハンバーガー。動物性原料を使わず環境にやさしい大豆パティと糖質約 45% オフのヘルシーな低糖質バンズを使用。日本ならではの醤油麹をベースにしたテリヤキソースで味付けし、コクと奥行きのある味わいに仕上がっている。

記事配信/外食ドットビズ(2020/09/02)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら