繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

日本で最も歴史のあるビールブランド「サッポロラガービール」が缶で登場

サッポロビールは、業務用市場を中心に大びん・中びんのみで販売している「サッポロラガービール」の缶商品 (350ml/500ml 缶 ) を 7 月に続き 10 月 20 日に数量限定発売する。

「サッポロラガービール」は、 1877( 明治 10) 年に、同社の前身である開拓使麦酒醸造所から発売されて以来、いまに受け継がれる、日本で最も歴史のあるビールブランド。生ビールでは感じることのできない熱処理ビールならではのしっかりとした厚みのある味わいが高く評価され、 2011 年から 8 年連続で販売実績を伸ばしており、ビール好きに愛され続けている商品だ。

今回の缶のデザインは、現在のびんラベルを忠実に表現し、裏面には、飲食店で親しまれているびんの「サッポロラガービール」の姿をデザインして一体感を高めている。なお、ラベル中央の赤い星は、開拓使のシンボルであった北極星を表し、ファンから「赤星」の愛称で長年親しまれている。

同社は、引き続き多様なビールブランドをもつ強みを活かし、様々な顧客のニーズに対応することで、市場における存在感を高めていきたいとしている。

記事配信/外食ドットビズ(2020/08/31)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら