繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

農林水産省、日本の牛乳を救う!「プラスワンプロジェクト」緊急スタート

緊急事態宣言の対象地域拡大によって、学校給食や外食産業における牛乳や乳製品の消費の更なる減少が懸念されている中、農林水産省は、酪農家を支えるため、牛乳やヨーグルトを普段より 1 本多く消費することを推進する「プラスワンプロジェクト」を 4 月 21 日より開始した。

新型コロナウイルス感染症が拡大し、休校による学校給食向け牛乳のキャンセルや、商業施設の休業などによる消費減少に対しては、生乳をバターやチーズといった乳製品へと加工することによって、行き場を失う生乳が出ないよう、生産者団体と乳業メーカー、農林水産省が一体となって取り組んできた。しかしながら、 4 月 7 日の 7 都府県を対象に発出された緊急事態宣言およびそれに伴う休業要請を境に、カフェやレストラン、百貨店などの業務用の需要が大きく落ち込んでいる。

生乳生産にあたっては、乳牛の病気を防ぐため毎日搾乳し続ける必要があり、工場で生産される産物と違って、生産量は短期的にコントロールできない。農水省としては、この 6 月までの生乳生産のピークを乗り切ることができれば、生乳の廃棄といった危機を回避することができると考えている。

このため、生乳の廃棄といった食品ロスを生じる事態や乳牛を減らすことなく、この難局を乗り切るために、買い物の際に牛乳やヨーグルトを普段より 1 本、特に育ち盛りの人には更にもう 1 パック多く購入してもらえれば、酪農家への応援につながることより「プラスワンプロジェクト」を開始した。

記事配信/外食ドットビズ(2020/04/22)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら