繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

串カツ田中、店舗で使用する予定だった野菜の直接販売を開始

串カツ田中ホールディングスは、取引先企業であるフードサプライと協力し、外出自粛要請の影響で使用されなかった契約農家からの直送野菜数種類を「もったいない野菜セット」 (1,500 円 / 税抜 ) として、「世田谷店」「都立大店」「武蔵小杉店」など営業中の関東 41 店舗での店頭販売を 4 月 21 日から開始する。

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う政府および自治体の緊急事態宣言を受け、飲食店の休業や時短営業が相次ぐなか、供給側である生産者も納入先が減少しており、苦労して育てた野菜等の行き場がなくなっている状況がある。「串カツ田中」も直営店で繁華街を中心に 41 店舗を休業する事態となり、多くの食材取引がなくなることになった。そこで、「ドライブスルー八百屋」を開催しているフードサプライと協力し合うことで、店舗で使用する予定であった野菜を直接販売し、少しでも生産者を助ける活動したいとの想いより提携することとした。

これにより、「生産者を守る」「食材の廃棄ロスを防ぐ」「契約農家から直接仕入れるので、新鮮な野菜を店の軒先で気軽に購入できる」「ドライブスルー八百屋商品を車で行くことなく身近な店舗で購入できる」「店頭販売をすることで小売店舗等で並ぶことなく購入できる」「セット販売のため、商品購入時間・接触時間の短縮につながる」「店頭で元気よく販売することで、街を明るくすることができる」「店舗の売上にもなり、外食産業を守ることにもつながる」といった効果が期待できるとしている。

記事配信/外食ドットビズ(2020/04/21)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら