繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

リクルート、「SUUMO住みたい街ランキング2020」広島県版を発表

リクルート住まいカンパニーは、広島県に居住している20代~40代の男女を対象に実施したWEBアンケート形式による「SUUMO住みたい街ランキング2020 広島県版/広島市版」を発表した。
■広島県民と広島市民が選ぶ「住みたい街(駅)ランキング」トップは「広島」
 まず、広島県民が選ぶ「住みたい街(駅)ランキング」は、1位が中国地方の拠点駅で、駅の南側だけでなく、北側にも再開発エリアが広がる「広島」(1059点)。2位は広島県第二の都市「福山」(487点)、3位は駅北口の飲食店街がリニューアルした「横川」(323点)がランクインした。4位以下は、「新白島」、「尾道」、「天神川」、「西条」、「海田市」、「東福山」、「呉」であった。
 また、広島市民が選ぶ「住みたい街(駅)ランキング」1位も「広島」(330点)で、2位には「横川」(179点)、3位には「新白島」(158点)が入った。
■「穴場だと思う街(駅)ランキング」1位は開発が進み、街が綺麗になっている「西条」
 次いで、広島県民が選ぶ「穴場だと思う街(駅)ランキング」1位は、開発が進み、街が綺麗になってきていること、学生の街として住みやすい印象の「西条」。2位には、広島駅から山陽本線で2駅目と交通利便性が高く、駅前の再開発が進み生活利便性も高まっているが、家賃も広島駅と比べて割安な「横川」が入った。次いで、同率3位に「海田市」「福山」、5位に「西広島」が入った。
■「住みたい自治体ランキング」1位は交通利便性が高く商業施設が充実した「広島市中区」
 広島県民が選ぶ「住みたい自治体ランキング」1位は、交通利便性の高さと商業施設の充実が理由として多くあげられた「広島市中央区」。また、2位「広島市南区」に続いて3位には広島市の他行政区を抑え「福山市」がランクインし、4位「広島市西区」、5位「広島市安佐南区」が続いた。ちなみに、6位以下は「尾道市」、「東広島市」、「広島市東区」、「呉市」、「安芸郡府中町」であった。

【調査概要】
調査目的:広島県の住みたい街(駅)や自治体を明らかにすること
本調査回収数:1070人(広島県在住者/うち広島市在住者337人)
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査期間(本調査):2019年12月27日~2020年1月20日

記事配信/外食ドットビズ(2020/03/23)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら