繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、飲食店での喫煙・禁煙に関する意識調査

リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、今年4月1日より改正健康増進法が施行され、飲食店では原則屋内禁煙になることに関連して、飲食店での喫煙・禁煙に関する消費者意識の変化についてアンケートを首都圏・東海圏・関西圏の20~69歳の男女を対象に、1月6日~1月15日に実施し10,422件の有効回答数を得た。
 今年4月に健康増進法が改正され、東京都等ではさらに受動喫煙防止条例も施行され、飲食店での喫煙が大幅に制限される。飲食店での喫煙の制限が、消費者の店選びや「会社・仕事関係」の宴会・飲み会への参加意向にどのように影響しそうか調査した。
■喫煙者の割合は17.0%。30~50代男性が喫煙率トップ3
 前提となる喫煙の状況について、喫煙者の割合は全体では17.0%で、そのうち12.3%が主に(紙巻きなどの)たばこの喫煙者、4.7%が主に電子たばこ・加熱式たばこの喫煙者であった。性年代別では、40代男性の喫煙率が最も高く28.0%、次いで50代男性が26.1%、30代男性が25.8%となっている。また、圏域別では首都圏の喫煙率が最も高く18.1%となっている。
■飲食店を選ぶ際の喫煙環境、「禁煙にこだわる」人が56.9%と過半数
 これまでの飲食店を選ぶ際の喫煙環境について、喫煙・禁煙にどのくらいこだわりがあるかを聞いた。全体では、飲食店が喫煙できることに「非常にこだわる」+「ややこだわる」の「喫煙こだわり派」が計16.1%。逆に飲食店が禁煙であることに「非常にこだわる」+「ややこだわる」の「禁煙こだわり派」が計56.9%であった。ただ、喫煙者では飲食店の喫煙環境が「どちらでもよい・気にしない」も47.0%と多く、吸える・吸えないにこだわらない人も一定数いることが分かった。
■4月以降、飲食店で「喫煙にこだわる」人は減少傾向だが、喫煙者では約4割
 次に、今年4月からの法令改正・条例等により、今までよりも飲食店で喫煙しづらくなることを示した上で、4月以降に飲食店選びで喫煙・禁煙にどのくらいこだわるつもりか聞いた。全体では、「喫煙こだわり派」が計15.3%、「禁煙こだわり派」が計58.9%であった。
■喫煙を気にして「会社・仕事関係」の宴会・飲み会への参加をためらった経験ありは16.1%
 4月以降に喫煙者と非喫煙者の両者が存在する「会社・仕事関係」の宴会・飲み会の在り方に変化が起こる可能性についても調査を行った。これまでに、喫煙であることを気にして「会社・仕事関係」の宴会・飲み会への「参加をためらったことがある」人が16.1%いた。性年代別では、最多は40代女性で20.6%。次いで30代男女が同率の19.4%、さらに20代女性も18.7%と続いた。喫煙が嫌で、「会社・仕事関係」の宴会・飲み会への参加をためらったことのある人が一定割合いる実態が明らかになった。
■4月以降は「会社・仕事関係」の宴会・飲み会の参加意向にプラスの影響を及ぼす可能性が
 次に、4月以降に飲食店での喫煙環境が変わることを示して、「会社・仕事関係」の宴会・飲み会への参加意向に変化があるか聞いた。「今後は参加したいと思う」人が10.4%、「今後参加したいと思わない」人が5.7%であった。参加をためらったことがある人の約3分の2に参加意向があり、飲食店での喫煙環境の変化は「会社・仕事関係」の宴会・飲み会の参加意向にプラスの影響を及ぼす可能性が示された。性年代別では、30代男性で13.8%、30代女性で12.6%が「今後は参加したいと思う」と回答しており、他の性年代よりも参加に前向きな様子が伺える。

記事配信/外食ドットビズ(2020/02/28)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら