繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

スシロー、「賛否両論」笠原氏考案の和の技法を用いた「カレーうどん」登場

あきんどスシローは、全国の「スシロー」店舗 ( 一部店舗を除く ) にて、名店の匠とタッグを組んで“回転すしの常識を超える逸品”を提供する「匠の一皿プロジェクト」の第 6 弾商品を、 1 月 8 日より期間限定で販売開始した。

独創的かつリーズナブルな和食で、予約の取れない人気店「賛否両論」の笠原氏が考案した「生たこ梅きゅう」 (150 円 ) は、笠原氏ならではの匠の繊細さが詰まった逸品。生たこに、紀州南高梅にかつお節と煮きり酒を合わせたまろやかな梅肉、塩もみした食感の良いきゅうり、刻み大葉が絶妙にマッチする上品な創作すし。

さらに今回は、同氏が手掛けた「すりながしカレーうどん」 (350 円 ) も登場。和食の技法である「すりながし」を応用し、かつお出汁に 8 種の野菜と果物をたっぷり溶け込ませた。心も体も温まる口当たり優しい特製のカレーうどんは、野菜の旨味をしっかりと味わうことができ、素揚げした野菜が旨味と香ばしさを際立たせる。

そして、枠にとらわれない中華料理で話題の「中国菜エスサワダ」の澤田氏が考案した「匠の本格えびマヨ」 (300 円 ) は、マヨソースに生クリームを合わせて仕上げた、濃厚でクリーミーな特製マヨソースを使用しており、揚げたてのえび天との相性は抜群。絶妙にマッチした、優しい酸味とコクのある甘味と、えびの食感を楽しめる。
※金額は、「税抜き」価格

記事配信/外食ドットビズ(2020/01/09)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら