繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、12月のトレンド座談会は「朝外食」

リクルートライフスタイルの調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、毎月外食のプロフェッショナルを集め、外食トレンドを発表するための「トレンド座談会」を開催しているが、 2019 年 12 月は「朝外食」についてレポートした。

“朝活”という言葉が広まって久しいが、朝食を外食する ( 朝外食 ) 人はどの程度いるのか、同総研が 1,032 名を対象に調査した結果、平日に朝外食をすると答えたのは全体の 37.3 % (n=384) 。そのうち約 3 割が「週 2 日以下」で朝外食をしていると回答。さらに、朝外食の魅力を聞いたところ、 1 位「手間がかからない」 (55.3 % ) 、 2 位「非日常的な気分になれる、気分転換」 (50.1 % ) という結果に。朝外食には、利便性と非日常性の二面あることが分かった。

平日・土日に関わらず、朝外食する場所 / したい場所を聞いたところ、 1 位は「自宅の近く」 (54.3 % ) で全体の約半数、 2 位は「職場・学校の近く」 (28.8 % ) で全体の約 4 分の 1 となった。また、金額は「 500 円未満」 (39.1 % ) が 4 割弱、「 800 円未満」 (39.1 % +38.8 % ) でも 8 割弱となり、リーズナブルな食事が好まれる傾向が分かった。

メニューは、男性が「サンドイッチ」 (50.2 % ) 、「和の定食」 (39.9 % ) 、「トースト」 (36.0 % ) 、「目玉焼きとトーストのセット」 (34.9 % ) 、「フレンチトースト」 (32.8 % ) 、「おにぎり」 (29.7 % ) 、「ハンバーガー」 (27.3 % ) 、「卵料理」 (26.9 % ) 、「パンケーキ」 (26.9 % ) 、「スープ」 (22.7 % ) 、女性が「サンドイッチ」 (60.5 % ) 、「フレンチトースト」 (51.9 % ) 、「和の定食」 (43.6 % ) 、「トースト」 (43.6 % ) 、「パンケーキ」 (40.9 % ) 、「スープ」 (40.1 % ) 、「目玉焼きとトーストのセット」 (39.5 % ) 、「卵料理」 (36.8 % ) 、「エッグベネディクト」 (33.3 % ) 、「オムレツ」 (31.0 % ) と、女性の方がやや洋食寄りの傾向が見られた。

「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員の有木真理氏は、『女性の社会進出など、人々のライフスタイルの変化に伴い、朝食を外食で食べる「朝外食」はさらに広がっていくと予測します。理由は 3 つ。①子育て女性の就業率向上などにより、自宅での朝の持ち時間が減る傾向にある②訪日外国人増加の中で「朝外食」する習慣のある外国人が増える③外食店が朝のマーケットを白地と捉えていて、朝食を提供するお店が少しずつ増えている、です。海外では比較的スタンダードな「朝外食」。今後、さまざまなジャンルの朝外食が楽しめるようになるでしょう。』と述べた。

【アンケート概要】
調査方法:インターネットによる調査
調査時期: 10 月 21 日~ 10 月 22 日
調査対象:全国に住む 20 歳~ 59 歳の男女 ( マクロミルの登録モニター )
有効回答数: 1,032 件

記事配信/外食ドットビズ(2019/12/24)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら