繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

京樽、11月1日は「すしの日」!すしに関する調査2019 -寿司を食べる頻度-

京樽は、 11 月 1 日の「すしの日」に因み、 20 ~ 59 歳の男女 1,000 名を対象に、今年で 5 回目となる“すし”に関する消費の実態や意識についての調査「すしに関する調査 2019 」を実施した。
■月に 1 回はすし店に通う“すしメン・すしジョ”、 30 代女性のすしジョ率は約 50 %

はじめに、すしを食べる頻度をお店の種類別に聞いた。月に 1 回以上利用する人の割合をみると、「回転寿司店」では 31.4 %、「持ち帰り寿司店」では 10.4 %、「一般の寿司店 ( 回らない寿司店 ) 」では 6.9 %となった。

いずれかの寿司店で、月に 1 回以上食べる人を“すしメン・すしジョ”として、その割合をみると、すしメン率は 34.8 %、すしジョ率は 39.2 %だった。性年代別にみると、最も高くなったのは「 30 代女性」 (49.6 % ) だった。また、昨年の調査結果との比較では、「 30 代男性」 (26.4 %→ 42.4 % ) が 16 ポイントも上昇した。
■ 20 代男性の 7 人に 1 人が“すし通”を自認。イメージは「食べたいものを食べたい順で食べる」

すしが好きか聞いたところ、 9 割近くが「好き」 (88.7 % ) と回答。性年代別での割合が最も高かったのは「 50 代女性」 (93.6 % ) だった。

次に、自分は“すし通”だと思うか聞いたところ、 10 割弱が「そう思う」 (8.4 % ) と回答。性年代別での割合が最も高かったのは「 20 代男性」 (15.2 % ) だった。すしメンの回答をみると、「そう思う」 (21.3 % ) は、全体 (8.4 % ) と比べて 12.9 ポイント高くなった。“すし通”を自認しているすしメンは少なくないよう。また、食べるネタの順番にこだわりがあるか聞いたところ、「ある」は 12.8 %だった。すし通の回答をみると、「ある」 (45.2 % ) が、すし通でない人 (9.8 % ) と比べて高くなった。すし通の人ほど、自分なりの基準でネタの順番を決め、すしを味わっているよう。

さらに、どのようなふるまいをしている人を“通”だと思うか聞いたところ、 1 位は「その日のオススメのネタを聞く」 (21.8 % ) 、 2 位は「すし職人さんとの会話を楽しむ」 (19.8 % ) 、 3 位は「自分が食べたいものを食べたい順で食べる」 (18.6 % ) 、 4 位は「手でつまんで食べる」 (17.2 % ) 、 5 位は「出てきたらすしをすぐに食べる」 (15.7 % ) となった。男女別にみると、「その日のオススメのネタを聞く」 ( 男性 14.8 %、女性 28.8 % ) や「すし職人さんとの会話を楽しむ」 ( 男性 11.4 %、女性 28.2 % ) では、男性と比べて女性のほうが 10 ポイント以上高くなった。女性には、すし職人さんとのコミュニケーションの様子に“通”ぶりを感じる人が多いよう。また、男性回答では「自分が食べたいものを食べたい順で食べる」 (16.6 % ) が最も高くなった。男性は、すし店で自分のペースで振る舞える人を、“通”っぽいと感じるよう。

【すしに関する調査 2019】
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする 20 ~ 59 歳の男女
調査期間: 9 月 14 日~ 9 月 18 日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:合計 1,000 名 ( 有効回答から男女・年代が均等になるように抽出 )
実施機関:ネットエイジア株式会社

記事配信/外食ドットビズ(2019/10/31)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら