繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

2018年度外食タウンランキング ‐首都圏外食市場規模‐

リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、東名阪の男女約 10,000 人を対象に毎月実施している「外食市場調査」の結果をもとに、 2018 年度のタウン別ランキングを発表した。外食ドットビズでは、複数回に分けて詳細をお知らせする。第 1 回目は、首都圏の外食の市場規模別タウンランキング。

首都圏における外食市場規模の大きい街トップ 3 は、 6 年連続 1 位の「新宿 ( 代々木 ) 」 (1,572 億円 ) をはじめ、「東京・日本橋 ( 大手町・人形町 ) 」 (1,119 億円 ) 、「銀座・有楽町」 (1,078 億円 ) と前年度と変わらなかった。

また、トップ 10 の顔触れも変わらず、 4 位「新橋・浜松町 ( 虎ノ門 ) 」 (952 億円 / 前年 5 位 ) 、 5 位「池袋・大塚」 (927 億円 / 同 4 位 ) 、 6 位「渋谷・表参道 ( 原宿 ) 」 (792 億円 / 同 6 位 ) 、 7 位「神田・秋葉原・御茶ノ水・神保町」 (649 億円 / 同 7 位 ) 、 8 位「恵比寿・目黒 ( 中目黒 ) 」 (595 億円 / 同 8 位 ) 、 9 位「上野・御徒町」 (570 億円 / 同 10 位 ) 、 10 位「横浜駅周辺」 (567 億円 / 同 9 位 ) であった。

外食市場規模の前年伸び率の高いタウン上位は、「本八幡 ( 市川 ) 」 ( 前年度比 123.6 % ) 、「上尾駅周辺」 ( 同 122.1 % ) 、「自由が丘」 ( 同 117.6 % ) 、「船橋 ( 西船橋 ) 」 ( 同 116.5 % ) 、「調布駅周辺」 ( 同 116.0 % ) 。「本八幡 ( 市川 ) 」は、外食単価と延べ外食回数がともに 10 %以上伸びたことで前年比 2 割以上の市場規模拡大となった。東京外環自動車道の開通でアクセスが良くなったことなどから住宅地としての人気が上昇しており、人口増加が外食回数の増加につながり、外食に比較的お金をかける層が流入して単価も増加しているのではないかと考えられる。居酒屋、焼肉・ステーキ業態などで市場規模が大きく伸びた。

外食単価が高いタウントップ 3 は、 1 位「六本木・赤坂 ( 青山一丁目 ) 」 (5,093 円 ) 、 2 位「銀座・有楽町」 (4,802 円 ) 、 3 位「新橋・浜松町 ( 虎ノ門 ) 」 (4,178 円 ) と前年と変わらず、 4 位は前年 5 位の「恵比寿・目黒 ( 中目黒 ) 」 (4,011 円 ) 、 5 位は前年 6 位の「四ツ谷・赤坂見附・市ヶ谷」 (3,913 円 ) がそれぞれランクアップした。「六本木・赤坂 ( 青山一丁目 ) 」は、過去一度も単価 4,500 円を割っておらず、 2018 年度は初の 5,000 円台を記録した。単価が比較的高い「バー、バル、ワインバー、ビアホール、パブ」業態の利用シェアが全タウン中 1 位であること等が平均単価アップに寄与していると考えられる。

逆に、外食単価が低いタウン No.1 は「越谷レイクタウン ( 越谷 ) 」 (1,829 円 ) で、「多摩センター」 (1,828 円 ) 、「橋本」 (1,842 円 ) 、「大和駅周辺」 (1,877 円 ) 、「上尾駅周辺」 (1,907 円 ) が続いた。外食単価の低さは、飲酒の有無との相関が強く、飲酒率の低さでも「越谷レイクタウン」は 3 位、「多摩センター」は 4 位、「橋本」は 2 位等となっている。「越谷レイクタウン」は、大規模駐車場を有する巨大ショッピングモールを中心に外食数を伸ばしてきたタウン。休日に車でショッピングモールに出かけての外食が多いため、飲酒を伴うことが少なく、単価が低く抑えられていると考えられる。

記事配信/外食ドットビズ(2019/09/30)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら