繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

「サッポロ生ビール黒ラベル 東北ホップ100%」が東北エリア限定で登場

サッポロビールは、協働契約栽培の東北産ホップを 100 %使用した「サッポロ生ビール黒ラベル 東北ホップ 100 %」 (350ml/500ml 缶、中びん、 10L/20L 樽 ) を 10 月 23 日に東北エリアの福島県・宮城県・山形県・秋田県 ( 缶・びんのみ ) と、青森県・岩手県 ( 缶・びん・樽 ) で発売する。

黒ラベル「東北ホップ 100 %」は、 2009 年に発売して以来多くの東北エリアの人々に愛され、今年で発売 11 年目を迎えるビール。原料のホップには、同社が育種し東北地方限定で栽培されている希少な「ホクトエース」を 100 %使用した、「黒ラベル」のもつビール本来のうまさに加え、今年収穫したホップの華やかな香りが特長の商品。パッケージは、通常の黒ラベルにホップのデザインとネーミングを中心にあしらい、東北産ホップ 100 %使用の黒ラベルであることをわかりやすく表現した。

なお、黒ラベル「東北ホップ 100 %」の樽生ビールを、同社千葉工場「マリンハウス」と、九州日田工場「ウエルカム館」にて、黒ラベルツアーの参加者に数量限定で 11 月 15 日より提供する。これは、東日本大震災復興支援の取り組みの 1 つで、東北の魅力が詰まった限定商品を飲んでもらうことで、東北への興味関心を高め、より多くの人に足を運んでもらいたいとの思いから実施するもの。

同社は、今年も黒ラベル「東北ホップ 100 %」を通して、東北産ホップの素晴らしさとこの時期だけのおいしさを、東北エリアの人々に届けたいとしている。

記事配信/外食ドットビズ(2019/09/30)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら