繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

マルハニチロ、「缶詰に関する調査2019」の調査結果を発表

マルハニチロは、全国の 20 ~ 59 歳の男女で 1 年以内に缶詰を買ったことがある人を対象に、「缶詰に関する調査 2019 」をインターネットリサーチで実施し、 1,000 名の有効回答サンプルを集計した。
■栄養があると思う缶詰トップ 3 は「水産物」「農産物」「畜産物」

自宅に常備している缶詰の種類を聞いたところ、 1 位「水産物 ( さば、かに、ツナ〈まぐろ・かつお〉、さけ、あさりなど ) 」 (84.8 % ) 、 2 位「フルーツ ( みかん、もも、パイナップルなど ) 」 (37.2 % ) 、 3 位「農産物 ( マッシュルーム、コーン、トマトなど ) 」 (32.2 % ) 。次に、普段の料理に欠かせないと思う缶詰の種類を聞いたところ、 1 位「水産物」 (67.3 % ) 、 2 位「農産物」 (30.3 % ) 、 3 位「ソース ( ミートソース、カレーなど ) 」 (15.4 % ) となった。そして、栄養があると思う缶詰の種類を聞いたところ、 1 位「水産物」 (83.4 % ) 、 2 位「農産物」 (29.7 % ) 、 3 位「畜産物 ( 焼き鳥、コンビーフ、うずら卵など ) 」 (28.4 % ) だった。すべてで「水産物」が 1 位と、多くの人に利用されており、栄養面でも評価されていることが明らかになった。
■好きな水産物の缶詰トップ 3 は「ツナ」「さば」「さんま」

好きな水産物の缶詰を聞いたところ、 1 位「ツナ ( まぐろ、かつお ) 」 (81.3 % ) 、 2 位「さば」 (68.3 % ) 、 3 位「さんま」 (52.0 % ) と、魚介類の缶詰の中では、ツナが一番人気となった。男女別にみると、男性では、「ツナ」「さば」 ( 各 74.4 % ) が 1 位と、さばの缶詰は、男性に人気があるよう。次に、美容・健康に良いと思う缶詰を聞いたところ、 1 位「さば」 (61.0 % ) 、 2 位「いわし」 (38.3 % ) 、 3 位「さんま」 (29.5 % ) となった。そして、お酒のおつまみとして食べることが多い缶詰を聞いたところ、 1 位「さば」 (25.6 % ) 、 2 位「ツナ」 (17.2 % ) 、 3 位「さんま」 (16.4 % ) だった。
■家のみで食べたい缶詰料理・缶詰アレンジ No.1 は「ツナ缶のサラダ」

家飲みで食べたい缶詰料理・缶詰アレンジを聞いたところ、 1 位「ツナ缶のサラダ」 (34 件 ) 、 2 位「さば缶のサラダ」 (17 件 ) 、 3 位「さば缶の味噌煮」 (15 件 ) となった。野菜などと組み合わせたサラダが人気のよう。また、「かき缶のアヒージョ」「さば缶のアヒージョ」「さば缶のチーズ焼き」「ツナ缶のパスタ」「焼き鳥缶の丼」 ( いずれも 7 件 ) が同数で 7 位となり、お酒との相性が良さそうなメニューが上位になった。
■軽減税率の対象品目については、まだ十分理解されていないよう

今年 10 月に予定されている消費増税では、酒類・外食を除く飲食料品に軽減税率が適用される。缶詰もこの飲食料品に含まれるため、軽減税率適用の対象となるが、「缶詰には 2019 年の消費増税時に軽減税率が適用されること」の認知率は 22.6 %となり、知らなかったという人が多数を占めた。軽減税率の対象品目については、まだ十分理解されていないよう。

【缶詰に関する調査 2019 】
調査対象:全国の 20 ~ 59 歳の男女で、 1 年以内に缶詰を買ったことがある人
調査期間: 6 月 18 日~ 6 月 20 日
調査方法:インターネット調査
有効回答数: 1,000 サンプル ( 男性 500 名、女性 500 名 )

記事配信/外食ドットビズ(2019/08/05)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら