繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

サッポログループ4社、「ホワイト物流」推進運動の自主行動宣言を提出

サッポロホールディングスは、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的とする「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、同社グループのサッポロビール、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、神州一味噌、サッポログループ物流の 4 社から物流の持続的・安定的な運営に向け自主行動宣言を 7 月 24 日に提出したと発表した。

「ホワイト物流」推進運動は、深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的とした運動。今年 4 月に国土交通省・経済産業省・農林水産省が上場会社および各都道府県の主要企業の合計約 6,300 社に対し参加を呼び掛けている。

物流を取り巻く環境は、年々厳しさを増しており、労働力不足や物流コストの増加などの課題が顕在化している。今回、同社グループ 4 社は、「ロジスティクス業務の標準化」および「グループ拠点ネットワークの構築」を中心に、物流の効率化・働きやすさ向上に向け取り組むことを表明した。関係会社との協働・協調の下、トラック待機時間の削減、場内作業・車輛の平準化、夜間業務の抑制等にて、トラック運転手や倉庫作業員の労働環境改善に努めるとしている。

記事配信/外食ドットビズ(2019/07/25)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら