繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

新生銀行、2019年サラリーマンのお小遣い調査(昼食事情)

新生銀行は、 20 代~ 50 代の有職者の男女約 2,700 名を対象にした「 2019 年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を公表した。今回は、そのうちサラリーマンの昼食事情についてお知らせする。

男性会社員の一日の昼食代は、昨年の 570 円から 15 円減少し、 555 円となった。 2017 年以降緩やかな減少傾向がみられる。年代別にみると、 50 代 (564 円 ) 以外で減少している。因みに 20 代は 516 円、 30 代は 551 円、 40 代は 589 円であった。また、昼食の内訳トップ 3 は、「持参弁当」 (34.0 % ) 、「購入した弁当」 (23.6 % ) 、「社員食堂」 (18.4 % ) の順で、前年と比較して大きな変化はみられなかった。「外食」は 16.1 %で、前年同様 4 位であった。

一方、女性会社員は、昨年の 586 円から 5 円微減し、 581 円となったが、こちらは 2017 年以降大きな変化はみられない。年代別にみると、 20 代 553 円、 30 代 565 円、 40 代 637 円、 50 代 567 円と、男性会社員と比較して、いずれの年代も男性会社員より高くなっている。昼食の内訳は、男性同様「持参弁当」 (53.5 % ) 、「購入した弁当」 (22.0 % ) 、「外食」 (8.7 % ) の順で、「社員食堂」、「外食」が男性より低く、「持参弁当」が高いことから、お弁当で昼食を済ます傾向が強いことがわかる。

記事配信/外食ドットビズ(2019/07/04)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら