繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

生姜屋 黒兵衛、生姜をふんだんに使った「はりはり鍋」が新登場

パートナーズダイニングは、東京・吉祥寺の「生姜屋 黒兵衛」にて、店名にもあるメインの生姜をふんだんに使用した「京水菜と生姜と豚肉のはりはり鍋」の販売を 5 月 20 日より開始。また、同日よりグランドメニューの改定も実施した。

「はりはり鍋」は、関西地区で主に食べられている水菜と豚肉のシンプルな鍋料理。「生姜屋 黒兵衛」では、メイン食材の「生姜」を針の様に細く切った“針生姜”を使用した「京水菜と生姜と豚肉のはりはり鍋」 (1,480 円 ) を用意。使用する生姜の量は、一人前 約 80g と、おおよそ女性のこぶし大の生姜 2 ~ 3 個分になる。かつお節と昆布で取ったしっかりした出汁の味と針生姜の風味は絶品の生姜好きにはたまらない、生姜を食べる鍋に仕立てた。

なお、新グランドメニューでは、季節のおすすめメニューで人気だった「生姜のアヒージョ」 (680 円 ) や、「生姜麻婆豆腐」 (680 円 ) が仲間入り。また、「京都ポークステーキ」 (1,580 円 ) 、「丹波黒鶏と九条葱の陶板焼き」 (1,580 円 ) 、「牛リブロースの西京ステーキ」 (1,580 円 ) が三大名物として登場する。
※金額は、「税抜き」価格

記事配信/外食ドットビズ(2019/05/30)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら