繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

サッポロ生ビール黒ラベル「博多祇園山笠缶」が九州8県に登場

サッポロビールは、『サッポロ生ビール黒ラベル「博多祇園山笠缶」』 (350ml 缶 ) を、福岡県を中心に、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄の九州 8 県にて、また、『サッポロ生ビール黒ラベル「 SL やまぐち号 40 周年缶」』 (350ml 缶 ) を近畿、中国、四国、九州地方の西日本エリアにて 5 月 28 日に数量限定発売した。

今年で 4 年目となる黒ラベル「博多祇園山笠缶」は、九州を代表する祭りである「博多祇園山笠」を応援するために発売するもので、パッケージには、博多のハレの舞台で必ず唄われる祝い唄「博多祝い唄 ( 祝いめでた ) 」の歌詞とともに博多祇園山笠ならではの勇壮な山と舁 ( か ) き手をデザインしている。なお、本商品は前年比 108 %と一昨年を超える販売実績をあげ、九州の人々から高い支持を得ることができた。同社は、本商品の発売を通じて、九州の熱い夏を盛り上げていきたいとしている。

一方、黒ラベル「 SL やまぐち号 40 周年缶」は、 1979 年に運行を開始し、今年 8 月 1 日に 40 周年を迎える SL 「やまぐち」号を広く PR ・応援することを目的に販売する商品。明治維新後に明治政府の要人を多数輩出した山口県は、勧農・殖産興業政策の一環として明治政府が設立した「開拓使麦酒醸造所」を前身とする同社とも縁があり、その主力商品である「サッポロ生ビール黒ラベル」も SL 「やまぐち」号同様に発売から 40 年以上も愛飲されているという共通点から、今回のコラボレーション商品が実現。デザインは、“貴婦人”と呼ばれる「 C57 」の「やまぐち」号の正面から見たイラストを中央に大きく配置し、ラベル上部には、鉄道友の会が選ぶ 2018 年のブルーリボン賞を受賞した JR 西日本 35 系客車を力強く牽引する SL 「やまぐち」号のイラストを加え、その魅力を余すところなく伝えるデザインとした。

記事配信/外食ドットビズ(2019/05/30)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら