繁盛店の扉 サッポロビール 飲食店サポートサイト

  • 業界情報業界情報
  • rise webrise web
  • ドリンクピックアップドリンクピックアップ
  • ビヤアカデミービヤアカデミー
  • お問合せお問合せ

外食トピックス

「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」で日本代表がTOP8に

バカルディ・ジャパンは、 5 月 14 日にオランダ・アムステルダムにて開催された「バカルディ レガシー カクテル コンペティション 2019 」の世界大会において、日本代表として出場した「 SHADOW BAR 」の岡沼弘泰氏がトップ 8 入りしたと発表した。

「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」は、モヒートやダイキリなどに次ぐ、次世代の定番カクテルを見つけ出すことを目的に 2008 年よりスタートしたコンペティション。 11 回目の開催となった今大会では、 43 の国と地域の代表による競技の結果、タイ代表の Ronnaporn Kanivichaporn( ロナポーン・カニヴィチャポーン ) 氏のカクテル「ピンクミーアップ (Pink Me Up) 」が優勝し、日本代表として出場した岡沼氏も激戦の中、イギリス、カナダ、ギリシャ、 UAE 、チリ、プエルトリコの代表者とともにトップ 8 入りと活躍した。

なお、ロナポーン・カニヴィチャポーン氏はタイのバンコクで Backstage Cocktail Bar を経営しながら活躍するバーテンダーで、優勝カクテル「ピンクミーアップ」は、日本のバーテンダーから学んだ経験に強い影響を受けたレシピになっているという。また、岡沼氏は、『日本大会予選から数えると 1 年近くに渡る長い道のりでしたが、かけがえのない貴重な経験を得ることができました。世界のバーテンダーとも仲間として繋がることもでき、この経験を日本のバーテンダー達にも伝えていきたいと思います。』とコメントした。

記事配信/外食ドットビズ(2019/05/17)
制作協力/外食ドットビズ

過去の記事はこちら