箱根駅伝から世界へ
卒業後に飛躍した
「箱根駅伝OB」

日本マラソン界のニューヒーロー

服部勇馬
(トヨタ自動車/東洋大学OB)

第95回箱根駅伝をちょうど1ヵ月後に控えた12月2日、
福岡国際マラソンで服部勇馬(トヨタ自動車/東洋大学OB)が2時間7分27秒の好記録で
同大会14年ぶりの日本人王者となった。
2018年は設楽悠太(Honda/東洋大学OB)と
大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト/早稲田大学OB)が日本記録を相次いで更新。
8月のアジア競技大会(インドネシア・ジャカルタ)では
井上大仁(MHPS/山梨学院大学OB)が日本に32年ぶりの金メダルをもたらすなど、
箱根駅伝から巣立った若手OBたちが男子マラソンで大活躍した。
箱根駅伝創設の理念は「世界に通用するランナーの育成」。
2020年の東京オリンピックを控え、箱根駅伝の果たしてきた役割が
改めて注目されることになるだろう。日本の男子マラソンが「4強」と言われる中、
有力選手の中で最も若い25歳の服部に話を聞いた。

前編後編

マラソン練習を試行錯誤
スタミナの重要性に気づく

福岡国際マラソンでは35kmから40kmまでの5kmを14分40秒、最後の2.195kmも6分35秒(5km換算15分00秒)と後半の強さを見せつけた服部勇馬(トヨタ自動車)。この大会に向けては40km走の頻度をほぼ倍に増やし、120分ジョグ、150分ジョグといった下地作りも怠らなかった。ただ、トップ選手が練習量を増やすというのは言葉で言うほど簡単なものではない。服部はどのような経緯で自身のマラソンへの取り組み方を変えたのだろうか

服部はその契機として日本陸連のマラソン合宿(2018年7月/米国・ボルダー)で感じたことを明かす。
「ボルダー合宿は僕以外に4人いて、ひたむきに練習する選手ばっかりだったんです。木滑さん(良/MHPS)も大塚さん(祥平/九電工)もめちゃくちゃ距離を走ってて、『走りすぎだろう』と思うぐらいでした。箱根駅伝という同じ舞台で走っていた選手がそれだけ練習しているのを目の当たりにして、『これじゃあ置いていかれる』と思いましたね。本当に衝撃的でした」

東洋大学4年の時には、箱根駅伝2区で日本人としては20年ぶりとなる2年連続区間賞に輝き、2月の東京マラソンにも参戦。学生時代から箱根駅伝の〝その先〟を見据えてきた服部だが、今となれば当時とは違う感情もあるという。
「(東洋大の酒井俊幸)監督も僕も『もう少しやれるはずだった』というのが初マラソンの感想です。2時間8分台が狙えると思ってスタートして、2時間11分台だった。先頭集団にもついていかなかった。というのは、当時もしっくりこなかったですね。
『練習が足りなかった』というよりは、『疲労が抜け切らなかったんじゃないか』という発想をしていたと思います。2回目のマラソン(2017年東京、2時間9分46秒で13位)もそうだったんですよ。そこで考えたのが、もうちょっと練習量を減らそうかな、と。スピードをもう少し上げて、もっと質の高い練習をすればいいという子供みたいな発想で、スタミナのことはまったく考えませんでした。それで質を追い求めていったんですけど、競技の実績は伸びないし、故障はするし。『どうしたらいいんだろう』と悩むうちに思ったのが、『土台がしっかりしなきゃ走れない』ということでした。当時から『強くなりたい。東京オリンピックに出たい』という思いはそれなりにあったんですけど、今となっては『それじゃダメだろう』と言えますね(笑)」

12月2日の福岡国際マラソンで日本人として14年ぶりの優勝を飾った東洋大学OBの服部勇馬(トヨタ自動車)
2019年9月に行われる東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」に向けて着々と準備を進めている

『心の持ちよう』で成長できる

経験を重ねながら服部は自身のマラソン・トレーニングを軌道修正していった。それができた要因としては『心の持ちよう』も大きかったという。
「僕は高校時代、素直に聞き入れるのは得意な方で、先生にも『お前はそれがあるからここまでこられた』と言われたことがあります。でも、大学で順調にきて、ある程度陸上競技のこともわかってきて、原点を忘れかけていたんでしょうね。佐藤(敏信)監督や高校、大学の恩師のアドバイスしか聞き入れなかったんです。自分自身の知識の乏しさとか、そういうのを感じないとダメだと思います」

箱根駅伝で注目を浴びたこともあり、服部は当時の自分を「勘違いしてしまった」と振り返る。
「『箱根駅伝をステップに』と捉えている選手はいいと思うんですけど、そうじゃなくて勘違いしている選手が大半だと思います。『オレはこんなに強いから取り上げてもらえるんだ』と思ってしまうと、次のステップへ移行した時に、僕みたいな〝勘違い野郎〟になってしまいます。僕もそれまで(佐藤)監督に『もう少し持久的な要素も取り入れながら練習したら』と言われていたんですけど、『疲労をあまり残したくないんで……』と言いながら聞き流していたんです」

箱根駅伝で活躍しても有頂天にならず、謙虚な気持ちで競技に打ち込むことが大事だと語る

箱根駅伝とどう向き合うか

箱根駅伝での経験が、その後の競技生活、さらには人生にも影響を与えることは間違いないだろう。しかし、だからこそ服部は箱根駅伝との向き合い方が大事であると言い、自身の経験からメッセージを送る。
「箱根駅伝を夢にしてほしくないというか、箱根は人生の一過程であって、それが集大成ではないので、それに慢心しないこと。いろんな方々が注目し、協力してくださることに対して、謙虚な姿勢で学生らしくやってほしいと思います。そして、次のステップに行った時にその経験を生かしてほしい。卒業後にマラソンをやっていく選手は箱根駅伝の約20kmでの走力や積極性、勝負勘などはマラソンでも大事にしてほしいですし、次はサポートする側に回る人もいるかもしれません。

僕は学生気分が抜けていなかったので悪い方向に行っていたんですけど、実業団に入ったら、どうしてこの会社で走っていてお金をもらえるのか、というのをもうちょっと考えないといけませんでした。走ることで誰に影響を与えられるのか。結果を出せば職場も明るくなりますし、従業員の方の士気の高揚にもつながるというのは目に見えてわかります。自分自身の居場所をわかって走ってほしい。そういうのは大学の時から謙虚な姿勢で感じてほしいと思います」

社会人3年目、25歳にして日本マラソン界の「4強」と呼ばれる実力者となった服部
学生時代から箱根駅伝と平行してマラソンに取り組んできた服部。「箱根駅伝からマラソンへ」という大会の理念を忠実に体現してきた選手だ