塩生チョコ

塩生チョコ

濃厚な生チョコが簡単に手作りできる!

のんびり過ごせる週末に、手作りスイーツはいかがですか?
少し塩けをきかせた生チョコは、お酒ともよく合うので、デザートタイムにぴったり。
甲乙混和芋焼酎「こくいも」のアーモンドミルク割りがおすすめです。
牛乳の替わりにアーモンドミルクでヘルシーに出来上がります!
甲乙混和芋焼酎の香りとアーモンドミルクは相性抜群なので、ぜひお試しを!

調理時間
10分
       

材料 (16×13×3センチのバット 1枚分)

ミルクチョコレート
3枚(150g)
牛乳
大さじ4(60ml)
バター
5g
ココアパウダー(無糖)
適量
粗塩
少々

作り方

  • チョコレートは粗く割って耐熱ボウル(またはステンレス製のボウル)に入れる。牛乳とバターは別の耐熱ボウルに入れ、ラップをかけずに電子レンジ(600W)に1分かける。

    チョコレートは粗く割って耐熱ボウル(またはステンレス製のボウル)に入れる。牛乳とバターは別の耐熱ボウルに入れ、ラップをかけずに電子レンジ(600W)に1分かける。

  • フライパンに湯を沸かし、ごく弱火にしてチョコレートのボウルを入れ、泡立て器で時々混ぜながら、湯煎でチョコレートを溶かす。チョコレートが溶けたらボウルをフライパンから取り出し、1の牛乳を加え、泡立て器でゆっくりと、むらなく混ぜ合わせる。オーブン用シートを敷いたバットに溶かしたチョコレートを流し入れ、表面をならす。粗熱がとれたら冷蔵庫で2時間ほど冷やしてかためる。

    フライパンに湯を沸かし、ごく弱火にしてチョコレートのボウルを入れ、泡立て器で時々混ぜながら、湯煎でチョコレートを溶かす。チョコレートが溶けたらボウルをフライパンから取り出し、1の牛乳を加え、泡立て器でゆっくりと、むらなく混ぜ合わせる。オーブン用シートを敷いたバットに溶かしたチョコレートを流し入れ、表面をならす。粗熱がとれたら冷蔵庫で2時間ほど冷やしてかためる。

  • オーブン用シートごとまな板	に取り出す。表面にココアパウダーをたっぷりふり、包丁や手にもココアパウダーをつけて、16等分に切る。断面にもココアパウダーをまぶし、粗塩をのせる。

    オーブン用シートごとまな板 に取り出す。表面にココアパウダーをたっぷりふり、包丁や手にもココアパウダーをつけて、16等分に切る。断面にもココアパウダーをまぶし、粗塩をのせる。

POINT

ホワイトチョコレートでも同じように作れます。ココアパウダーを粉糖にすると、また違った味わいになります。

ホワイトチョコレートでも同じように作れます。ココアパウダーを粉糖にすると、また違った味わいになります。

人気レシピランキング

閉じる