骨つきチキンのレモンハーブロースト

レモンとローズマリーでマリネして、風味よく焼き上げます。骨つき肉にするとごちそう感アップ!途中で肉汁をかけて焼くと、皮に照りが出てこんがりおいしく仕上がります。ほくほくポテトと一緒に召し上がれ。

料理家:本田よう一

材料(2人分)

骨つき鶏もも肉
2本(約800g)
じゃがいも
3個(約300g)
レモン
1個

マリネ液

大さじ1/2
オリーブ油
大さじ3
ローズマリー(長さを2~3等分に切る)
2~3枝

付合わせ

クレソン
適量
ローズマリー
2枝

作り方

  • 鶏肉は骨に沿って切り込みを入れ、関節の部分で2つに切り離す。じゃがいもは皮つきのままよく洗い、4等分に切って水に数分さらし、水気をきる。レモンは4等分の輪切りにする。
  • ポリ袋にマリネ液の材料を入れ、レモンは軽く果汁を絞ってからレモンごと入れて混ぜる。鶏肉を加えてポリ袋の上からもみ込み、じゃがいもを加える。空気を抜いて口をしばり、30分ほどおいて味をなじませる。
  • オーブンを200度に予熱する。天板にオーブン用シートを敷き、鶏肉の皮目を上にして並べ、じゃがいもとレモンは鶏肉の周りに並べる。残ったマリネ液を鶏肉にかけ、オーブンで20分焼いていったん取り出す。オーブン温度を220度に上げる。天板の肉汁をスプーンで鶏肉にかけて、さらに10~15分鶏肉の皮がパリッとするまで焼く。途中、じゃがいもに火が通ったら先に取り出す。皿に盛り、クレソンと飾り用のローズマリーを添える。

ポイント

フライパンで手軽に焼く事もできます。作り方:フライパンに、マリネした鶏肉の汁気をきって皮目を下にして並べる。中火にかけ、時々フライ返しで押しつけながら5~8分焼いて裏返し、さらに3~5分焼く。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.