かきの土手鍋

かきの産地広島県の郷土料理として有名で、別名、土手焼きとも呼ばれています。土鍋にみそを塗りつけ、溶かしながら食べることで好みの味加減にできます。みその種類はお好みのものでかまいません。かきは長く煮込まず、仕上げ前にさっと煮ましょう。

料理家:本田よう一

材料(3~4人分)

かき
300g
ごぼう
1/2本
焼き豆腐
1丁
春菊
4~5枝
えのきだけ
1袋
白菜
1/8株(約200g)
にんじん
1/2本
だし
1~2カップ

A

赤みそ
100g
白みそ
50g
大さじ1~2
みりん
大さじ1~2
砂糖
大さじ1

作り方

  • かきはさっと塩水(分量外)で洗い、水気をきる。ごぼうはささがきにして水にさらす。焼き豆腐は一口大に切る。春菊は根元を切って食べやすい長さに切る。えのきだけは根元を切ってほぐす。白菜はそぎ切りにする。にんじんはピーラーでリボン状の薄切りにする。
  • Aを混ぜ合わせ、鍋のふちに塗りつける。だしを入れて、かきと春菊以外の食材を加え、中火にかけて煮る。
  • かきを加えて2~3分煮る。春菊を加えてさっと煮て、みそを溶きながら好みの味加減にして食べる。

ポイント

鍋の〆は焼きそばがおすすめです。フライパンで中華蒸し麺を炒め、残った煮汁で味つけし、水分を飛ばすように炒めます。麺1玉に対して煮汁大さじ4が目安です。かきのうまみでおいしい焼きそばに!

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.