簡単からしれんこん

れんこんの穴にからしみそを詰めて揚げます。もともとは、熊本藩主細川忠利の滋養強壮のために作られた料理といわれています。鼻に抜ける和からしの香りとみそは相性バツグン! 揚げたれんこんの食感も絶妙です。ころもやからしみそは家庭や店によってさまざまですが、作りやすいレシピにアレンジしてご紹介します。

料理家:ヤミー

材料(材料(2~3人分))

れんこん
10センチ(約250g)
薄力粉
1/2カップ
1/3カップ
揚げ油
適量

A

みそ
50g
パン粉
30g
和からし(練りからし)
小さじ2
大さじ2

作り方

  • れんこんはよく洗って皮をむき、酢少々(分量外)を入れた湯で10分ほどゆでる。取り出してペーパータオルの上に立てるように置いて冷まし、水気をきる。ボウルに薄力粉と水を混ぜてころもを作り、10分以上おく。
  • 器にAを混ぜ合わせる。中央を少し高くしてから、れんこんの断面を押しつけて穴に詰める。穴を指で押さえながら、穴全体にしっかり詰める。
  • 揚げ油を170℃に熱し、れんこんに1のころもをからめて入れ、ときどき転がしながら10分ほどじっくり揚げる。油をきり、冷めたら食べやすい大きさの輪切りにする。

ポイント

短時間で揚げたいときは、れんこんを輪切りにしてから、からしみそを詰め、1枚ずつころもをつけて揚げ油へ。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.