シュラスコ風牛肉のグリル焼き

シュラスコはブラジルの代表的な料理。野菜ソースをかけて食べるのがおすすめです。手軽に作れるようグリル焼きのレシピにアレンジしました。こんがり焼けたら、金串を刺してテーブルで切り分けると盛り上がること間違いナシ!

料理家:本田よう一

材料(4人分)

牛ももかたまり肉(赤身)
500g
塩(あれば岩塩)
小さじ1

野菜ソース

紫玉ねぎ
1/2個
パプリカ(黄)
1/4個
プチトマト
4個
にんにく(すりおろし)
1/2かけ分
パセリ(みじん切り)
大さじ2
白ワインビネガー
1/3カップ
オリーブ油
大さじ3
小さじ1/2

作り方

  • 牛肉は室温に戻し、全体に塩をすり込む。
  • 野菜ソースを作る。紫玉ねぎはみじん切りにする。パプリカは種を取ってみじん切りにする。プチトマトは縦6等分に切り、さらに長さを半分に切る。ソースの材料を全てボウルに入れ混ぜ合わせる。
  • 牛肉を魚焼きグリルに入れ、ときどき面を変えながら強火で全体をこんがり焼いて取り出す。粗熱がとれたら金串を刺して、焼けた表面をそぎ切りにし、食べたい分を皿に取り分けて野菜ソースを添える。牛肉が赤身だけになったらもう一度グリルで焼きましょう。

ポイント

牛かたまり肉以外に、ソーセージ、鶏もも肉、パイナップルなどを金串に刺して焼いてもOK!鶏肉は中までしっかり火が通るように焼きましょう。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.