豚肉とあさりの蒸し焼き

ポルトガルでよく食べられているアレンテージョ風の蒸し焼き料理。豚肉とあさりのうまみの相乗効果で深い味に仕上がります。本来はマッサ・デ・ピメンタオンというポルトガルの調味料を使いますが、手軽なタバスコ®を使ってアレンジしました。スキレットを使えばしっかり蒸せて、そのまま食卓にも出せます。フライパンでもOK!

料理家:ヤミー

材料(4人分)

豚肩ロースかたまり肉
400g
あさり(砂抜きしたもの)
200g
ピーマン
1個
パプリカ(赤)
1/2個
玉ねぎ
1/2個
にんにく
1かけ分
香菜
1株
レモン
1個
オリーブ油
大さじ4

A

にんにく(すりおろし)
小さじ1
白ワイン
1/2カップ
タバスコ®
大さじ1
小さじ1/4
黒こしょう
少々

作り方

  • 豚肉は2センチ角に切ってボウルに入れ、Aを加えてもみ込み、15分以上おく。玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。ピーマン、パプリカは縦半分に切って種を取り、横に幅5ミリに切る。香菜はざく切りにする。レモンはくし形切りにする。
  • スキレット(またはフライパン)にオリーブ油の1/2量(大さじ2)を中火で熱し、玉ねぎ、にんにくを炒める。しんなりしたら端に寄せ、空いたところに残りのオリーブ油を入れて豚肉の汁気をきって入れて焼く(漬け汁は残しておく)。
  • 肉に焼き色がついてきたらあさり、ピーマン、パプリカを加えてさっと炒め合わせ、豚肉の漬け汁を加える。ひと煮立ちしたらふたをし、弱火で10分蒸す。火を止め、レモンと香菜をのせ、そのままテーブルへ。食べるときにレモンを絞って。

ポイント

残った蒸し汁でリゾットにするとまたおいしい!〆リゾット 材料(2人分)と作り方①残りの蒸し汁に水を足して2カップ分にし、鍋に入れて中火にかける。煮立ったらご飯(1カップ)を入れる。②ときどき混ぜながら5分ほど煮て、塩で味をととのえる。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.