みそ串カツ

名古屋では、八丁みそを始めとした赤みそ(豆みそ)の料理がおなじみ。今回は人気料理、みそ串カツを2種類の豚肉で作ります。赤みそは、濃厚でコクと甘みがあり、風味がよいのが特徴です。カツとの相性も抜群なのでぜひお試しを!

料理家:本田よう一

材料(2~3人分)

豚肩ロース肉(ソテー、とんカツ用)
1枚
豚ロース肉(しょうが焼き用)
4枚
薄力粉
大さじ1
溶き卵
1/2個分
パン粉
1/2カップ
サラダ油
適量
白いりごま
少々

赤みそだれ

赤みそ(豆みそ)
100g
砂糖
大さじ3
大さじ3
大さじ2
はちみつ
大さじ2

つけ合わせ

キャベツ(せん切り)
適量
トマト(くし形切り)
適量

作り方

  • 小鍋に赤みそだれの材料を入れて混ぜ、みそが溶けたら中火にかける。へらで混ぜながら2分ほど煮る。
  • ソテー、とんカツ用の豚肉は4~6等分の棒状に切り、竹串をさす。しょうが焼き用の豚肉は端からくるくると巻いて棒状にし、軽く縫うように竹串をさす。
  • 2を薄力粉、溶き卵、パン粉の順にくぐらせてころもをつける。サラダ油を中温に熱して、ときどき上下を返しながら3分ほど揚げる。皿につけ合わせのキャベツ、トマトをのせて串カツを盛り、赤みそだれを塗って白ごまをふる。

ポイント

赤みそだれは、田楽などいろいろな料理に使えます。だしで煮た野菜や焼き豆腐、こんにゃくなどにかけてどうぞ。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.