さんま缶で うざく風

温かいかば焼きと、冷たいきゅうりの組み合わせが絶妙。甘酢だれは最初に作り、しっかり冷やしてから和えてください。さんま缶を使うことでうなぎのかば焼きよりもぐんとお手軽で簡単。あと一品欲しいなというときにも重宝するメニューです。

料理家:寺田真二郎

材料(2人分)

さんまのかば焼き(缶詰)
1缶
きゅうり
2本
しょうが(せん切り)
2かけ分
青じそ
5枚
レモン(薄いいちょう切り)
適量
適宜
小さじ1

甘酢だれ

大さじ3
大さじ2
砂糖
大さじ1と1/2
和風だしの素
小さじ1
小さじ1/3

作り方

  • 鍋に甘酢だれの材料を入れて火にかけ、煮たったらボウルに入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
  • きゅうりは薄切りにして塩少々をふり、10分ほどおく。ペーパータオルで包み、水気をしっかり絞る。青じそは細切りにする。甘酢だれにきゅうり、しょうが、青じそを加えてあえ、味見をして塩で味をととのえる。
  • 耐熱の皿にさんまのかば焼きをのせて酒をふり、ラップをかけて電子レンジ(600W)で1分加熱し、幅1センチに切る。器に2とかば焼きを交互に盛り合わせ、レモンをのせる。

ポイント

もちろんうなぎのかば焼きで作っても絶品!その場合は、うなぎのかば焼きをふっくらカリッと温めましょう。オーブントースターの天板にアルミホイルを敷いてのせ、酒(小さじ2)をふり、3~4分焼きます。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.