タイ風海老と卵のカレー炒め

タイで人気のプーパッポンカリーは、かにのスパイシーなカレー炒めに半熟卵がからまった絶妙なおいしさの料理。ここでは、かにのかわりにえびを使い、手軽な調味料で作れるようにアレンジしました。ご飯もすすむ味です。

料理家:寺田真二郎

材料(2人分)

えび
8尾
セロリ
1本
玉ねぎ
1/2個
にんにく
2かけ
少々
粗挽き黒こしょう
少々
サラダ油
大さじ2

卵液

4個
牛乳
大さじ4
少々
粗挽き黒こしょう
少々

カレーソース

カレールウ
1かけ(25g)
熱湯
大さじ2
大さじ2
オイスターソース
小さじ1
ナンプラー
小さじ1

作り方

  • セロリの茎は幅5ミリの斜め切りにし、葉はざく切りにする。玉ねぎは幅1センチのくし形切りにし、にんにくはみじん切りにする。えびは尾を残して殻をむき、背に切り込みを入れて開き、あれば背わたを取る。塩、粗挽き黒こしょうで下味をつける。
  • 卵液とカレーソースを作る。卵液は卵を溶きほぐし、塩、粗挽き黒こしょう、牛乳を混ぜる。カレーソースはカレールウを細かく刻んでボウルに入れ、熱湯で溶いてその他の調味料を加えてよく混ぜる。
  • フライパンにサラダ油大さじ1を入れて中火で熱し、2の卵液を流し入れ、木べらで大きく混ぜて半熟状にしていったん取り出す。
  • フライパンを拭いてサラダ油大さじ1とにんにくを入れて中火にかけ、香りが出るまで炒め、そこにセロリの茎、玉ねぎ、えびを加える。野菜がしんなりしてきたら弱火にし、カレーソースを加え、全体になじませる。卵を戻し入れて混ぜ、塩、黒こしょうで味をととのえる。仕上げにセロリの葉を加えてサッと混ぜて器に盛る。

ポイント

ご飯にのせて丼にして食べると、カレーソースがからんでまたおいしく食べられます。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.