ビーフストロガノフ

ビーフストロガノフは、ロシア料理の代表的なメイン料理。トマトソースやデミグラスソースを加えるなどいろいろな形のアレンジもありますが、牛肉をサワークリームで煮たものが定番。クリーミーなのにほのかな酸味があっておいしいですよ。冬の間に是非お試しを。

料理家:寺田真二郎

材料(2人分)

牛小間切れ肉
80g
玉ねぎ
1/2個
マッシュルーム(白)
4個
牛乳
1と1/4カップ
薄力粉
大さじ1/2
バター
20g
白ワイン
大さじ2
生クリーム
1/4カップ
顆粒スープの素
小さじ2
サワークリーム
大さじ1
少々
こしょう
少々
パセリのみじん切り
適量
バゲット(つけ合わせ)
適量

作り方

  • 玉ねぎ、マッシュルームは薄切りにする。牛肉は幅5ミリに切って塩、こしょうをふる。ボウルに薄力粉を入れ、牛乳を少しずつ加えて泡立て器で溶いておく。
  • フライパンにバター10gを入れて中火にかけ、バターが溶けてきたら牛肉を加えて炒める。肉の色がしっかりと変わったら白ワインを注ぎ、煮たったらいったん取り出す。
  • 同じフライパンにバター10g、玉ねぎを入れて炒め、しんなりしてきたら1の牛乳で溶いた薄力粉を加え、強めの中火でとろみがつくまで混ぜながら炒める。
  • 牛肉を戻し入れ、マッシュルーム、生クリーム、顆粒スープの素、サワークリームを加え、マッシュルームがしんなりするまで弱火で2~3分煮る。塩、こしょうで味をととのえて器に盛る。トーストしたバゲットを添え、パセリを散らす。

ポイント

バターライスと一緒に食べるのもおすすめです。バターとパセリの香りが食欲をそそり、ビーフストロガノフともよく合います。バターライス(1合分)の材料と作り方温かいご飯(1合分)にバター(10g)、パセリのみじん切り(好みの量)を加えて混ぜ合わせる。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.