帆立のあんかけニラ玉

卵をたっぷり使って、大きくふんわり炒めるとやわらかくておいしい卵焼きになります。卵液を入れたときにジュッと音がするくらい、フライパンと油をよく熱しておくと上手に焼けます。つやつやなあんをかけると見た目も豪華に!

料理家:寺田真二郎

材料(4人分)

5個
にら
1/2わ
帆立水煮(缶詰)
1缶(130g)
ごま油
大さじ2
少々
黒こしょう
少々

A

しょうゆ
小さじ1/2
鶏ガラスープの素
小さじ1
砂糖
小さじ1/3
3/4カップ

水溶き片栗粉

片栗粉
小さじ2
小さじ2

作り方

  • ボウルに卵を溶きほぐす。にらを長さ3センチに切って溶き卵に加える。塩、黒こしょうを加えてよく混ぜ合わせる。
  • フライパンにごま油を中火で熱し、卵液を一気に流し入れる。木べらで大きく数回かき混ぜ、半熟になってきたら菜箸で丸く形を整える。フライ返しなどで裏返し、両面こんがり焼いて器に取り出す。
  • あんを作る。同じフライパンにAと帆立水煮を缶汁ごと加え、強火にかける。煮立ってきたら水溶き片栗粉を混ぜて加え、とろみがついたら塩、黒こしょうで味をととのえ、卵にかける。

ポイント

あんかけにら玉をご飯にのせれば、天津丼風ごはんのでき上がり!

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.