なすと鶏ひき肉のバジル炒め

バジルというと、イタリア料理のイメージが強いですが、実は台湾などでもよく食べられていてオイスターソース味によく合います。香りがとばないよう、仕上げに加えるのがポイント。手でちぎると香りがよく出ます。なすも最初にレンジ加熱をしておくと、少ない油で色鮮やかに仕上がります。

料理家:寺田真二郎

材料((2人分)

なす
3個
ごま油
小さじ2
鶏ひき肉
150g
にんにく(みじん切り)
1かけ分
少々
黒こしょう
少々
フレッシュバジル
10g
サラダ油
小さじ2

A

しょうゆ
小さじ1と1/2
小さじ1と1/2
オイスターソース
小さじ1と1/2
砂糖
小さじ1と1/2

作り方

  • なすはへたを切り落として食べやすく乱切りにし、耐熱ボウルに入れてごま油をまぶす。ラップをかけ、電子レンジ(600W)で5分加熱する。
  • フライパンにサラダ油を中火で熱し、ひき肉、にんにくを入れて炒める。ひき肉の色が変わるまで炒めたらなすを加えてサッと炒め合わせる。
  • Aを加え、炒め合わせる。バジルを手でちぎって加えてさっと混ぜ、塩、黒こしょうで味をととのえる。

ポイント

鶏肉のかわりにあさりを使うとまた違ったおいしさが楽しめます。あさりはにんにくと炒めた後に酒大さじ4をふってふたをして蒸し、殼が開いたらなすを加えます。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.